オナイウ阿道、得点王争う大前の眼前でハット!山口は土壇場で10戦ぶり白星逃す…/J2第30節

Goal-live-scores

明治安田生命J2リーグ第30節が行われ、大宮アルディージャとレノファ山口が対戦した。

久しぶりの連勝を果たした大宮と、9試合未勝利の山口の対戦。前回対戦では山口が2-1と勝利しており、両者の勝点差は4。ともに上位戦線に踏みとどまるためにも重要な一戦となる。

大宮は新加入のダビド・バブンスキーはメンバーには入らず、前節と同じ11人。山口はワシントン、高木大輔、オナイウ阿道などが先発した。

立ち上がりから山口が丁寧なビルドアップを見せ、大宮がそのミスを突いてチャンスを作り出すが、徐々にペースはボール支配率の上昇とともに山口へ。すると26分、左サイドからクロスが入ると、笠原昂史がパンチング。その跳ね返りがオナイウ阿道に当たり、ゴールへと転がる。

大宮は大前元紀の抜け出しやラストパスからビッグチャンスを生み出すが、どちらもフィニッシュの精度が足りず、同点とはならない。それでも前半のラストプレー、コーナーキックの流れから、酒井宣福が左足で右サイドから正確なボールを送る。すると、ファーで待っていた河本裕之が頭で合わせ、同点で前半を終える。

48分、大前が左サイドで相手を引きつけて逆サイドでフリーとなっていた茨田陽生へ。ワントラップから右足を思い切り振り抜く。強烈なシュートにGKは反応できず、大宮が逆転に成功する。

しかし、山口がまたもGKのミスからゴールへとつなげる。右サイドから山なりのクロスが入ると、笠原がキャッチミス。こぼれたところをオナイウ阿道へつなぎ、落ち着いて流し込み、再びスコアはタイに。

さらに75分、左サイドからの鋭いクロスにファーでジュリーニョがボレー。左足のシュートは見事ゴール右へ吸い込まれ、山口が逆転に成功する。

しかし、シーソーゲームは終わらない。82分、マテウスの左サイドからのクロスがDFに当たり、GKがキャッチミス。無人のゴールに酒井が蹴り込み、スコアは3-3に。

大宮が押し込んだ直後、カウンターで山口が好機。ロングボールを高井和馬がオナイウ阿道へつなぐと、ワンツーで完全にラインブレイク。キーパーと1対1になると、横のオナイウ阿道へプレゼントパス。楽々と押し込み、ハットトリックで再びリードをもたらす。

ただ、ドラマは終わらない。左サイドからパワープレーでゴール前へとロングボールが送られると、山口GKがまたもキャッチミス。途中出場のロビン・シモヴィッチがボレーで無人のゴールへ流し込み、同点に。結局、試合はこのまま4ー4で勝利し、ともに勝利を逃している。

■試合結果

大宮 4-4 山口

■得点者

大宮:河本(45+1分)、茨田(48分)、酒井(82分)、シモヴィッチ(90+4分)

山口:オナイウ阿道(26分、68分、84分)、ジュリーニョ(75分)

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores