「エリクセンはレアルやバルサでレギュラーになれる」元同僚がビッグクラブ移籍に太鼓判

コメント

元デンマーク代表のメルボルン・シティGKトーマス・セーレンセンが、トッテナムMFクリスティアン・エリクセンについて語っている。

エリクセンは2013年夏にアヤックスからトッテナムに移籍した。今季はプレミアリーグで36試合に出場して10得点をマーク。トッテナムのチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく貢献した。

活躍を続けるエリクセンに、レアル・マドリーやバルセロナが関心を寄せているといわれている。セーレンセンは元同僚について以下のように話している。スペイン『アス』がコメントを伝えた。

「エリクセンは長い間トッテナムでプレーしてきた。彼がロンドンを去るには、それなりの理由が必要だろう」

「しかし、レアル・マドリーやバルセロナから電話がくれば、考えなければいけない。エリクセンはそういったクラブでも期待に応え、レギュラーになれるはずだ。十分に成熟しているし、偉大な選手たちと一緒にプレーした経験があるからね」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
日本代表初得点を振り返る堂安律「一生思い出に残るゴール」
次の記事:
日本代表の未来を背負う中島翔哉。ブレない信念「サッカーは楽しいもの」
次の記事:
日本の国民性も称賛するウルグアイ指揮官、森保ジャパンに脱帽 「日本の爆発的な攻撃に消耗してしまった」
次の記事:
日本代表初ゴールも先を見据える堂安律「まだまだアピールしないと」
次の記事:
3試合連続、ウルグアイ戦2得点の南野拓実、中島翔哉とは「試合前から話していた」
閉じる