「エジルを外すべき時かも…」ドイツ代表マネージャーがW杯で低調だった10番を糾弾

最終更新
コメント()
ドイツはロシア・ワールドカップでグループリーグ敗退。史上初のことであった。

ドイツ代表のチームマネージャーを務めるオリバー・ビアホフ氏がMFメスト・エジルを批判し、厳しい言葉を送っている。ドイツ紙『ヴェルト』が報じた。

ドイツはロシア・ワールドカップでまさかのグループステージ敗退に終わった。その中で、批判を大きく受けているのがエジル。大会前にはSNSにトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領との写真を挙げたことも物議を醸したままだ。ビアホフ氏はこの出来事を直接的に問題視することはなかったものの、スポーツ的な観点から違う決断が必要となっていることを主張する。

「特定の選手に何かをしろと強いることはない。ただ、我々は常に彼らを納得させようとしている。メストとは成功をつかめなかった。だからこそ、スポーツ的な観点から彼を代表から外すことを考えるべき時になったかもしれない」

「メストとイルカイ(ギュンドアン)が写真を撮ったことで、チームを騒がしくしたということはない。話し合いは後に行われたけどね。今振り返ってみると、この件に関してもっと明確にすべきだったのかもしれない」

ドイツはW杯で最終節韓国に敗れて、最下位でグループリーグ敗退。ドイツが決勝トーナメントに進めなかったのはW杯史上初めてのことであった。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
佐々木翔が中島とのプレーで意識すること「彼の良さを生かすために」
次の記事:
代表デビューのシュミット・ダニエル、熾烈なGK争いも謙虚な姿勢「まだまだ他の2人には劣る」
次の記事:
オランダ、世界王者フランスに土つける…ドイツのリーグB降格が決定/UEFAネーションズリーグ
次の記事:
遠藤航、フル出場で語った守備での手応え…柴崎とともに意識したこととは?
次の記事:
アジア杯へ「厳しさ」を望む吉田麻也、次戦キルギス戦で「もう一度はい上がる」
閉じる