イングランド指揮官、スウェーデン守備陣に警戒感も「1990年大会以来のベスト4を目指したい」

コメント()
Getty Images
サウスゲート監督は好調を維持するエースのケインへの信頼も口にした。

イングランド代表のギャレス・サウスゲート監督は、代表の記録をこれからも塗り替えていきたいとスウェーデン代表戦を前に語った。

3日に行われたワールドカップのラウンド16でコロンビア代表をPK戦の末に下したイングランド代表は、7日の準々決勝でスウェーデン代表と対戦する。この試合を前日に控えた6日、サウスゲート監督は会見に臨み、7大会ぶりのベスト4進出に向けての意気込みを語った。

「経験の少ないチームとして今大会を迎えたが、我々は歴史を塗り替えたいという意志の下、成長を続けている。この10年で初めてノックアウトステージの1回戦を突破して、史上初めてワールドカップのPK戦を制し、それに1試合における最多得点も更新した。我々は歴史を更新し続けたいと考えている。1990年大会以降準決勝に進めていないからそれを目指している。明日(7日)の試合以上に重要なことは何もない」

また、スウェーデン代表の印象について問われた同指揮官は「とても強い。スウェーデンとは何度も戦ったことがあるが、常に強靭なアイデンティティーを持ち、良い選手を抱えている。予選ではフランスを下したし、プレーオフではイタリアに勝利した。今大会でもドイツを上回り、ノックアウトステージに進んだ。彼らは間違いなく強い。勝ち上がるために我々は良いプレーをしなければならない」と評価した。

中でも注目選手に挙げたのはマンチェスター・ユナイテッドに所属するヴィクトル・リンデロフ。同選手についてサウスゲート監督は「クラブやU-21で彼のプレーを見たが、とても良い選手だ」と称賛し、「失点数を見れば彼らがどれだけ組織的な守備ができているか理解できるだろう。チャンスを作り、得点を奪うことは大きなチャレンジだ」と警戒感を示した。

また、今大会で6ゴールをマークして得点王争いの単独首位を走るハリー・ケインは好調を維持。同選手がリオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドの牙城を崩せるかと問われたサウスゲート監督は、エースへの信頼を強調した。

「世界は常に変化しているが、トップが変わらないのは稀だ。しかし、若い選手が躍動するのを今大会で少し見られている。世界を舞台にそのような活躍ができていることは、ハリーにとってもファンタスティックだ。彼が個人的にも良いプレーを続け、チームに大きく貢献していることに満足している」

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
韓国が3連勝で首位通過! 主将ソン・フンミンが活躍、G大阪FWファン・ウィジョ弾などで中国との首位決戦制す
次の記事:
大迫勇也の状態に言及した森保監督、大幅メンバー変更で3連勝へ「1位突破がオーストラリアを避けるということではない」
次の記事:
「少しの間嫌いになるかもね」アンリ、親友ヴィエラとの指揮官として初対決に意気込む
次の記事:
Y・トゥーレが「ピケの10倍良い」と絶賛する選手は?ベスト11にはなんとアタッカー6人!
次の記事:
セリエAの人種差別問題、伊サッカー連盟会長が厳しい対応へ…“即座に試合中断”を検討
閉じる