イランのケイロス監督「我々は勝利に値した」母国を追い詰めるもドロー&VAR判定に不服

コメント()
Getty Images
イラン代表を7年間率いたケイロス監督はロシアW杯をもって退任が確定。本人は母国ポルトガルを追い詰めたことを誇りに思っているようだが、VAR判定には不服だったようだ。

イラン代表指揮官カルロス・ケイロスは、自らの母国であり、かつて2008~2010年まで指導した古巣ポルトガル代表とのドロー決着に、悔しさをあらわにした。

ロシア・ワールドカップのグループB第3節は、ポルトガルが1-1でイランとドロー。スペインはモロッコと引き分け、勝ち点5のスペインが首位、同じく勝ち点5のポルトガルが2位で勝ち上がりを決めた。イランはポルトガルを追い詰めながら、勝ち点4と一歩及ばず、早期敗退が決定。ポルトガル戦試合後、イランのケイロス監督が会見の席で試合を振り返った。

「この試合で我々は勝利に値する内容を披露できたと思う。私はそれを誇りに思っているが、やはりこの結果は不満であると言わざるを得ない」

「80分には(クリスティアーノ)ロナウドがひじを(モルテザ)プーラリガンジに入れた。あれはVAR(ビデオアシスタントレフェリー)で見ていたようだが、警告は正しくないはずだ。一発退場が妥当だったと思う。それがたとえロナウドだろうと(リオネル)メッシだろうと、レッドカードが出されるべきだった」

「いろいろ言いたいことはたくさんあるけど、言葉は選んでおこうか。VARはうまく機能しているとは思えないね。実際にみんな多くの不満を抱えている。試合中にVARの介入はどういう状況で誰が決めているのか、はっきりしてほしいね」

ジャッジへの不満を口にした一方、ケイロスはロシアW杯をもって2011年から指導してきたイラン代表監督の座を退くことを公言。「私はここで多くのことを学んだ。イランの選手たちは勇敢に戦う戦士たちばかりだった。ポルトガルの闘牛士顔負けのメンタルを持っていたね」と述べ、7年間率いたイラン代表へ感謝の意を示した。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
レアルからドルトムントにレンタル中のアクラフ「ブンデスリーガの方がリーガより戦術的」
次の記事:
日本、強豪サウジアラビアに苦戦も1点リードで後半へ! 冨安健洋が代表初ゴール
次の記事:
混沌する得点王争いにユヴェントス指揮官「C・ロナウドにライバルの刺激は必要ない」
次の記事:
サウジ戦は武藤を1トップ起用!日本代表が先発を発表…右臀部痛の大迫はベンチから
次の記事:
札幌DF横山知伸、昨年末に脳腫瘍の摘出手術を実施…現在は復帰に向けて治療中「必ずピッチに戻ります!」
閉じる