イニエスタ、トーレス、ジョー。今季加入の大物外国籍選手はJリーグに何をもたらしたか?

©J.LEAGUE

大物外国籍選手の加入で盛り上がりを見せた今季の明治安田生命J1リーグ。1月に名古屋に元ブラジル代表のFWジョーが加入したのを皮切りに、W杯中断前には神戸にMFアンドレス・イニエスタ、夏に鳥栖へFWフェルナンド・トーレスと、元スペイン代表としてW杯優勝を経験した超大物がこぞって日本での戦いを選択した。彼らの加入はJリーグに何をもたらしたのか。そこにはサッカーの側面だけではない絶大なる影響力があった。

■今も色褪せないトーレスのネームバリュー

J1の残留争いは、最終的に勝ち点41で5チームが並ぶ未曾有の大混戦となり、後半アディショナルタイムにオウンゴールを献上したジュビロ磐田が16位に転落。J1参入プレーオフへ回ることが決まった。今シーズンのJ1戦線の幕切れを受けて、14位で残留を果たしたサガン鳥栖が水面下で進めていたプランの実現化へ動いた。

ラ・リーガの強豪アトレティコ・マドリーから、「来年7月下旬に国際親善試合を行いたい」というオファーを受けたのが10月中旬。折しも鳥栖はJ1残留争いの渦中にいて、運営会社サガン・ドリームスの竹原稔代表取締役社長は「来年のことを考える上でも、J1に残らないと」と語っていた。

国際経験を積む機会に充ててほしいという趣旨のもと、J1には昨シーズンから「サマーブレイク」が導入されている。対象となるのは、ヨーロッパのプレシーズンとなる7月。これがJ2だと長丁場の戦いゆえに中断期間もなく、国際親善試合をマッチングするにも調整が難しくなる。

だからこそ、J1残留を受けて交渉が加速する。鳥栖はエールディビジの名門アヤックスからも、国際親善試合を打診されている。(※アヤックスとは今年1月にパートナーシップ契約を締結している)ヨーロッパから相次いでラブコールが届く理由は、今夏に加入した元スペイン代表のエースストライカー、フェルナンド・トーレスの存在を抜きには語れない。

torres.jpg

トーレスの古巣アトレティコとは、2015年8月にも国際親善試合を組んでいる。この時はアトレティコに出資した中国の大連万達グループとの関係強化が目的とされ、実際に鳥栖から上海へ向かっている。来年7月の件に関しては、今も色褪せないトーレスのネームバリューが橋渡し役となったと言っていい。

「九州の田舎町でJ1を戦っていくためにも、新しいビジネスのモデルや売り上げを構築していくことに、全力を尽くさなければならない」(竹原社長)

アジア王者・鹿島アントラーズと引き分け、J1残留を決めた1日の最終節後に、竹原社長は来年を見据えながらこう語っていた。ゲームキャプテンを努め、泥臭いハードワークで守備面でも奮闘したトーレスも笑顔を浮かべながら、来シーズンも鳥栖でプレーすることを明言している。

「いまはJ1に残留できたことをみんなと祝って、明日を迎えたら来年のことを考える。そして、いい休暇を取って、ベストの状態で戻ってきたい」(トーレス)

出場17試合で3ゴールに終わった今シーズンの成績には、もちろんトーレス本人が満足していない。興行面で図らずも果たした活躍をピッチの中でも発揮する青写真を、今も「エル・ニーニョ(トーレスの愛称)」として世界中のサッカーファンから愛される34歳はすでに脳裏に描いている。

■名古屋は最多観客動員を記録

神様ジーコや妖精ストイコビッチらがピッチを彩った、Jリーグの黎明期を彷彿とさせた今シーズンのJ1戦線。大物外国人選手の先陣を切る形で名古屋グランパスへ加入したのが、ブラジル・ワールドカップのピッチにも立ったFWジョーだった。

ザックジャパンが臨んだコンフェデレーションズカップ2013で、日本代表にトドメを刺すゴールを決めた元ブラジル代表の大型ストライカー、と表現した方が日本のサッカーファンには馴染みが深かったかもしれない。その肩書きに相応しい大活躍を演じたのは、8月1日からの約1カ月半間だった。

出場した7試合で14ゴールを量産。2度のハットトリックを達成するなど、まさに手がつけられない無双状態だった。累積警告でジョーが出場停止となった8月19日の鳥栖戦を含めて、名古屋も破竹の7連勝をマーク。この期間に積み重ねた勝ち点が、得失点差で勝ち取った残留にもつながっている。

jo.jpg

そして、3連勝目となった同11日の鹿島アントラーズ戦が行われた豊田スタジアムには、スタジアム記録を大きく更新する4万3579人の大観衆が詰めかけている。2017シーズンから指揮を執る風間八宏監督が目標として掲げた「満員の豊田スタジアム」が達成された初めての試合でもあった。

キックオフ前の時点で、名古屋は最下位にあえいでいた。それでもスタンドが埋め尽くされた理由のひとつとして、イベントなどを通して来場者に心から楽しんでほしいという思いを込めて、『グランパス史上最大の夏まつり』と銘打たれた観客動員アップへ向けた名古屋の取り組みがあった。

風間監督や選手たちも、さまざまな形で『夏まつり』をアピール。PR画像の中で、ジョーは鉄板焼き店の大将に扮して注目を集めている。ねじり鉢巻き姿で両手にヘラを握り、「いらっしゃい」と叫んでいるような人懐こい表情は、身長192センチ、体重97キロのサイズで威圧感を放つ31歳のストライカーと、ファン・サポーターとの距離を縮める上でも効果てきめんだった。

「暮らすには最適な国だと思っている。(中国では)排気ガスや埃が、本当に酷かったからね」(ジョー)

ジョーにとって、アジアでプレーするのはUAE(アラブ首長国連邦)のアル・シャバブ、中国の江蘇蘇寧に続いて3チーム目。特に江蘇蘇寧では精彩を欠き、わずか5カ月で退団した。その後、再起を誓ってブラジルのコリンチャンスに戻ると復活。得点王とMVPのダブル受賞を果たした。そして最愛の家族もすぐに気に入った日本へ。体だけでなく心もフィットした夏場で発揮された実力が、最終的に24ゴールを挙げ、得点王をも手繰り寄せている。

同時に名古屋も、パロマ瑞穂スタジアムを含めたホームゲーム計17戦で、目標としていた40万人をクリアする41万9218人を動員。初優勝した2010シーズンの33万9638人を大きく上回り、1試合平均の2万4660人はクラブ歴代で1位となっている。

■興行面はもちろん、チームへの影響力も絶大なイニエスタ

そして、世界中から注目を集めた最大のハイライトが、5月下旬にヴィッセル神戸への移籍が発表されたアンドレス・イニエスタだった。FCバルセロナとスペイン代表で一時代を築いた、稀代のプレーメーカーが加入した効果もまた、明確な数字となって表れている。

神戸の観客動員数は36万7716人に達し、過去最高だった昨シーズンの31万625人を軽々と更新した。しかも神戸だけでなく、アウェイ戦でも敵地のスタジアムを次々に前売り完売とした現象も呼び起こしている。後半戦で神戸と対戦したFC東京、湘南ベルマーレ、浦和レッズ、清水エスパルスが今シーズンの最多観客数を記録している。特に浦和vs神戸は、実に5万5689人が埼玉スタジアム2002に詰めかけた。

そして、今季最終戦となった1日にW杯やユーロの舞台をともに戦った盟友、FWダビド・ビジャの加入も決定。来シーズンからはさらに注目を集めるのが必至の状況で、人格者としても世界中から慕われてきたイニエスタは、すでに神戸の選手たちにも化学反応を引き起こしている。

例えば、夏場の移籍期間でJ2のFC岐阜から加入した古橋亨梧。スピードを武器とする23歳のアタッカーは、緊張と興奮が交錯していた加入直後の紅白戦で、イニエスタから「もっと君のよさを出していいよ」と耳打ちされた。

「僕のよさは前へ飛び出していくことだし、実際に前へ動くとイニエスタからすごいパスが出てくる。自分のよさはこれなんだと再認識して、ポジティブな姿勢で臨めました」(古橋)

iniesta.jpg

レジェンドとのやり取りをこう振り返る古橋は、後半戦だけで5ゴールをマーク。キャプテンのルーカス・ポドルスキ、ブラジル人のウェリントンと並ぶチーム2番目のゴール数を決めた。そして、U-19日本代表に名前を連ねるルーキーのMF郷家友太も、イニエスタのメッセージを何度も感じた一人だ。

「前を向いてほしいとか、パスをリターンしてほしいとか、いろいろなパスが来る。僕に対してはショートパスであえて弱く出してくれるので、僕が周りを見る時間も作ろうとしてくれると感じています」(郷家)

雄弁に言葉を発するタイプではない。バルセロナ時代から、プレーと背中を介して思いをチームメイトたちに伝え、周囲の力も引き出してきた。同じ図式が神戸でも再現されればタイトル争いだけにとどまらず、日本サッカー界全体をもレベルアップさせる理想的な循環が生まれていく。

文=藤江直人

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
イグアイン代役は“レヴァンドフスキ2世”?ミランがピョンテク獲得に接近…移籍金は最低でも50億円
次の記事:
「1位が良い、2位が良いではなくしっかり勝つことだけ」酒井宏樹がグループ最終戦へ意気込み
次の記事:
ケガの状態に明言避ける大迫勇也…若手に奮起促す「気持ちは分かる。でもこんなチャンスはない」
次の記事:
長友佑都が徹するベテランの役割…本田ら例に上げて若手に助言「周りも見ないくらいチャレンジしていた」
次の記事:
トッテナムに激震!ケインが左足首靭帯損傷で6週間離脱…ソン・フンミンも離脱で得点源2人を欠くことに
閉じる