ニュース ライブスコア
UEFA Nations League

イタリア代表初得点のビラーギ、ゴールパフォーマンスは亡き主将へのオマージュ

12:16 JST 2018/10/15
2018-10-15-italy-cristiano-biraghi
イタリア代表で初ゴールを決めたクリスティアーノ・ビラーギは、フィオレンティーナでチームメートだったダヴィデ・アストーリに捧げるゴールパフォーマンスを行った。

フィオレンティーナに所属するイタリア代表DFクリスティアーノ・ビラーギが14日、ポーランド戦で決めたゴールを今は亡き元同僚のダヴィデ・アストーリに捧げた。イタリア国営放送『Rai』のインタビューでその理由を語った。

イタリアは14日、UEFAネーションズリーグ・リーグAのグループ3・第4節において、アウェーでポーランドと対戦。負ければリーグBへの降格が決定する中、イタリアは多くのチャンスを作ったがGKヴォイチェフ・シュチェスニーの好守でスコアが動かず。このままスコアレスドローに終わるかと思われた92分、ビラーギが決勝点を挙げて、イタリアを1-0の劇的な勝利へと導いた。

アッズーリにおける初得点を記録したフィオレンティーナのサイドバックは、ゴールパフォーマンスの際、両手を天に掲げると、右手で「1」、左手で「3」のポーズをとり、今年3月、遠征先のホテルで就寝中、心肺停止状態に陥り、31歳で帰らぬ人となったフィオレンティーナの主将アストーリに捧げた。アストーリは生前、背番号「13」を愛用しており、イタリア代表でも着用したほか、かつてプレーしていたフィオレンティーナやカリアリでは永久欠番となっている。

ビラーギは試合終了後、アストーリへの思いを語っている。

「ダヴィデは僕の中にいる。フィオレンティーナのチームメートだけでなく、彼とプレーしたことがある者なら全員、同じだろう。彼が身近だったからこそ、僕らにとってショックはより大きかった。ゴールは彼に捧げたい。彼の教えのおかげで、僕は今ここにいる」

ビラーギはこれまで、U-19およびU-21イタリア代表として29試合に出場し、1ゴールの成績だった。アッズーリでは出場わずか3試合で初得点を決めた。彼の記念すべきゴールは、イタリアそしてアストーリにとって特別なものになった。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ