ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

アレックス・ファーガソン氏が脳出血で緊急手術…マンチェスター・Uが発表

6:13 JST 2018/05/06
2018-05-06 Alex Ferguson
76歳の名将は予断が許されない状態のようだ。

元マンチェスター・ユナイテッド指揮官のアレックス・ファーガソン氏が脳出血で緊急手術を受けたことが分かった。

2013年までファーガソン氏が指揮していたマンチェスター・Uが同氏の容態を発表。「サー・アレックス・ファーガソンが今日(5日)、脳出血により緊急手術を受けた。手術は上手くいったが、依然として集中治療が必要な状態だ」また、同クラブは家族が静寂を求めていることをも併せて発表している。

26年間に渡りマンチェスター・Uを指揮してきた現在76歳のファーガソン氏は、13度のリーグ優勝と2度のチャンピオンズリーグ制覇を含む38ものタイトルをクラブにもたらした。

2013年に監督業から引退した後も、クラブで精力的に活動を続けており、先日にオールド・トラッフォードで行われたアーセナル戦では、試合前のセレモニーに登場して、今シーズン限りでアーセナルから退任するアーセン・ヴェンゲル監督にプレゼントを手渡すなど元気な姿を見せていた。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ