アルゼンチンがメキシコを2-0撃破…チリはホームでコスタリカに敗れる

コメント()
Getty Images
現地時間16日、南米の強豪アルゼンチン、チリがそれぞれ母国で代表戦に挑んだ。

現地時間16日、国際親善試合のアルゼンチンvsメキシコがアルゼンチンのコルドバ、エスタディオ・マリオ・アルベルト・ケンペス行われた。

この試合ではパウロ・ディバラ、ラウターロ・マルティネスなどが先発。マウロ・イカルディがベンチスタートとなった。

試合は序盤にメキシコがゴールチャンスを迎えるも、アルゼンチンGKアグスティン・マルチェシンのビッグセーブもありゴールは決まらず。ここからアルゼンチンはメキシコに決定的なチャンスを許さず、試合の主導権を握りながら攻勢を仕掛ける。前半終了間際の44分、後方からのFKにDFラミロ・フネス・モリがヘディングで合わせ、アルゼンチンが1点を先行した。

後半に入り、83分にはイサーク・ブリスエラのOGでアルゼンチンがリードを2-0と広げた。このままフルタイムを迎え、アルゼンチンが2-0でメキシコを下している。アルゼンチンvsメキシコは20日にメンドーサ州で同カードの再戦が予定されている。

チリのランカグア、エスタディオ・エル・テニエンテで行われたチリvsコスタリカは、アウェーのコスタリカがセットプレーやカウンターでの決定機をものにして、64分まで3点を先行。ここからチリは70分にセバスティアン・ベガス、90分にアレクシス・サンチェスがネットを揺らして巻き返すも、反撃及ばず2-3で敗れている。

なお、コスタリカは3ゴールを記録したが、この試合の枠内シュート3本(シュート総数7)で3点を奪ったことに。一方、ホームで2得点のチリはシュート本数24(枠内8)だった。

チリは20日にホンジュラスと戦う。一方のコスタリカは同日、ペルーと激突する。

■16日の試合結果
アルゼンチン 2-0 メキシコ
チリ 2-3 コスタリカ

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる