アヤックス2選手を巡りマンチェスター・Cとバルサが一騎打ち?現状で優勢なのは…

コメント()
強大な財政基盤を持つマンチェスター・Cがデ・ヨングとデ・リフトの争奪戦をリードか。

バルセロナとマンチェスター・シティが、アヤックスの2選手を巡って熾烈な獲得レースを繰り広げているようだ。『Goal』の取材で明らかになった。

両クラブが熱視線を送るのは、オランダ代表としても活躍する21歳MFフレンキー・デ・ヨングと19歳DFマタイス・デ・リフト。すでに多くのクラブが獲得をねらっていると言われる注目株だ。

今夏、バルセロナはデ・ヨング獲得に向けクラブ幹部同士で交渉を行ったが、移籍金3000万ユーロ(約39億円)のオファーは実らなかった。しかし、選手はリオネル・メッシとともにカンプ・ノウのピッチに立つことを望んでおり、移籍時期こそはっきりしないが、バルセロナが争奪戦のポールポジションに立っていると考えられている。

だが、マンチェスター・Cも諦めていないようだ。チキ・ベギリスタインSDが交渉のために頻繁にアムステルダムに足を運んでいる模様。さらに、盤石な財政基盤を持つマンチェスター・Cがこの争奪戦を一気に制する可能性も十分にあるようだ。来年1月の移籍市場でオランダ代表MFを獲得し、来夏までローンでアヤックスでプレーさせるプランもあるという。

さらに、デ・リフトの獲得にも乗り出しており、昨シーズン終了後から高額な移籍金を用意すると報じられているが、19歳DFの獲得に本腰を入れるのは来夏以降になるようだ。

“ネクスト・ジェラール・ピケ”を確保したいバルセロナも同様にデ・リフトとの契約を目指しており、マンチェスター・Cがデ・ヨング獲りに動き出したことを受け、19歳DFの獲得を優先したい様子だ。しかし、財政面でバルセロナを凌駕するマンチェスター・Cが、デ・ヨングの争奪戦同様に現状ではこのレースをリードすると考えられている。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
優勝争う川崎Fに痛手…車屋紳太郎が肉離れで全治まで3~4週間
次の記事:
ムバッペ、2020年の東京五輪出場に意欲?「オリンピックの金メダルも目指したい」
次の記事:
赤と赤の上位決戦。浦和、公式戦6連敗中の鹿島攻略なるか?ACL出場権が懸かる大一番
次の記事:
川崎F・中村憲剛、イニエスタとの対戦を前に。「そこは敵なので。勝ち点3を取るだけ」
次の記事:
ネイマールが憧れるアイドルは?「同じ番号をつけたかったけど…」
閉じる