アジア勢に強いポルトガル…イラン攻略でGL首位通過なるか【データで見るロシアW杯対戦カード】

コメント()
Getty Images
ロシア・ワールドカップは25日にグループB第3節が開催。イランとポルトガルが対戦する。

ロシア・ワールドカップは25日にグループB第3節が開催。イランとポルトガルが対戦する。

注目の最終戦を前にデータで両チームの情報をチェック。以下はデータサイト『Opta』による両チームの情報となっている。

■イラン対ポルトガルは、2006年大会以来となるW杯で二度目の顔合わせだ。前回の対戦ではデコとクリスティアーノ・ロナウドのゴールでポルトガルが2-0で勝利した。この得点がロナウドにとってW杯初ゴールだった。

■ポルトガルはアジア勢との対戦では過去4試合で全勝だ。最後の黒星は2002年大会、共催国の韓国との試合だ。

■イランはヨーロッパ勢との試合で過去7試合勝ちがない(1分け6敗)。そのうち唯一のドローは1978年大会のスコットランド戦だ。

■現在イラン代表監督を務めるカルロス・ケイロスは過去2度ポルトガル代表を指揮している。1991-93年、そして2008-10年だ。2010年大会でも指揮を執り、大会記録に残る大勝(対北朝鮮戦の7-0)を経験した。

■ポルトガルは第2戦のモロッコ戦で1-0の勝利をあげた。これは2010年大会のブラジル戦(0-0)以来となるクリーンシートだ。以降5試合ではいずれも失点を喫していた。

■イランは過去4大会に出場しているが、いずれもグループステージ敗退に終わっていた。ポルトガル戦で勝利できれば史上初となる決勝トーナメント進出を果たすことになる。

■イランはW杯のグループステージ最終戦で勝利したことがなく(3敗1分)、4試合で3得点10失点となっている。

■ポルトガルの過去5ゴールはすべてエースのクリスティアーノ・ロナウドが得点している。同様の記録はロシアのオレグ・サレンコが1994年大会に記録した6連続得点がある。

■クリスティアーノ・ロナウドはモロッコ戦で代表通算85ゴール目を記録した。これは代表レベルではヨーロッパの選手で史上最多。ハンガリーとスペインで活躍した伝説的選手、フェレンク・プスカシュの84ゴールを上回った。

■この試合に出場すれば、ジョアン・モウチーニョは代表113キャップとなりナニの112キャップを上回る。これはクリスティアーノ・ロナウド(モロッコ戦までで152キャップ)、ルイス・フィーゴ(127キャップ)に次ぐ歴代3位の数字だ。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
ユヴェントス、ダルミアン獲得は断念か…カギとなる25歳MFが退団を拒否
次の記事:
搭乗飛行機行方不明のサラに元ナント指揮官ラニエリが祈り「サッカー界が団結するとき」
次の記事:
柴崎岳、準々決勝で対戦するベトナムを警戒「ここまで上がってくるだけの力がある」
次の記事:
「チャレンジャー精神で臨む」森保監督、ベトナム代表を高評価。「明日も厳しい試合になる」
次の記事:
バルセロナ、デ・ヨング獲得へ個人条件で対抗…年俸20億円オファーを準備か
閉じる