アグエロ、PK失敗のメッシを擁護「彼だって人間なんだ」

コメント()
Clive Rose/Getty Images

16日にロシア・ワールドカップグループDの初戦が行われ、優勝候補アルゼンチンはアイスランドと1-1で引き分けた。FWセルヒオ・アグエロは試合後、PKを失敗したFWリオネル・メッシを擁護している。アルゼンチン『TVプブリカ』が伝えた。

前半、アグエロのゴールで先制しながらも、FWアルフレズ・フィンボガソンに同点弾を決められたアルゼンチン。後半にはメッシがPKを蹴ったものの、これはGKハンネス・ハルドールソンに止められている。

アルゼンチンはこのPKのほか、試合を通してもメッシに依存したフットボールを見せたが、しっかりと対策していたアイスランドの守備を崩し切るには至らなかった。アグエロは試合後、「メッシだって人間」であるとして、彼一人にすべての責任を負わせることはできないとの見解を示している。

「当たり前のことでもある。メッシだって人間なんだ。ときにはこういうことだって起こる。今日は悪い日だったけど、彼はどんな瞬間にも試合を決めることができる。僕たちは彼のそばに寄り添わなくてはならない。次のクロアチア戦では、彼がより良い状態でいられることを願っている」

試合自体については、次のように振り返っている。

「初戦は難しいものだね。アルゼンチンは全試合で勝利をつかむことを望んでいる。アイスランドは守備に従事していた。彼らはセットプレーやロングボール、セカンドボールからゴールを決められる可能性を手にした。彼らにとっては勝利も同然だろう」

「僕のゴール? 素晴らしい。が、勝利できていればもっと素晴らしかった。あまり意味を持つものにならなかったね。今はクロアチア戦を見据えるべきだ」

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる