アウェーゴールがなくなる?欧州トップクラブ監督が廃止を求めた理由とは…

コメント()
(C)Getty Images
幾多の名勝負を生んできたアウェーゴールだが…。

UEFA(欧州サッカー連盟)の各大会で用いられているアウェーゴールルールの見直しが行われることになるようだ。『BBC』が報じている。

アウェーゴールとは、ホーム&アウェーでの2試合で用いられるルールで、2戦合計得点数が並んだ場合は、相手本拠地での得点は2倍になるというもの。敵地で得点を奪うことが容易ではないという前提の元にあるルールにより、セカンドレグではあと1点で逆転突破、できなければ敗退というエキサイティングな状況も生まれる。

しかし、欧州トップクラブの指揮官がUEFAに対して廃止を求めているという。この申し立てに対して、UEFAの競技ディレクターであるジョルジョ・マルケッティ氏は「監督たちは、アウェーでゴールを奪うことは、過去と比較して難しくないと考えているようだ。彼らはルールを見直すべきだと考えており、我々が実行することになる」と話した。

このミーティングには、ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ、レアル・マドリーのジュレン・ロペテギ、パリ・サンジェルマンのトーマス・トゥヘル、ナポリのカルロ・アンチェロッティ、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ、アーセナルのウナイ・エメリなどが参加している。

過去、こういった申し立てにより、移籍市場がシーズン開幕前に閉まるという新たな施策が実行に移され、イングランドとイタリアでは今夏から実施されている。幾多の名勝負を生む手助けをしてきたアウェーゴールは過去のものとなってしまうのだろうか。

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
モウリーニョ、2022年のカタール・ワールドカップについて「素晴らしいイベントになる」
次の記事:
アーセナル、敏腕スカウトの退団が決定…過去には香川真司やオーバ、デンベレらを“発掘“
次の記事:
「もっと良くならなければ…」ソン・フンミンが辛勝でベスト8進出のチームを鼓舞
次の記事:
行方不明のFWサラに父が悲痛のコメント「絶望している。言葉がない」
次の記事:
元日本代表MF稲本潤一、新天地は相模原に決定!「自分の経験や知識の全てをいかして、勝利に貢献したい」
閉じる