なぜ長谷部誠はガーナ戦で「悪い感覚」を持たなかった?3バック、新布陣には…

コメント()
©Getty Images
3バックのセンターとしてプレーした長谷部誠。「悪い感覚」を持っていないと振り返った理由は…。

日本代表の主将でMF長谷部誠は「勝ちたかった」と結果にはネガティブな姿勢を保ちながらも、ガーナ戦を前向きに振り返っている。

日本は30日、キリンチャレンジカップ2018でガーナと対戦。0-2とメンバー発表前最後の一戦を落としている。それでも長谷部は「良かったところもたくさんあったと思う。逆に新しいことをした中でもっとこうしないといけないというところもたくさん出てきた。そんなに悪い感覚は正直持っていないですね」と話した。

「悪い感覚」を持っていなかった理由として失点の仕方を挙げる。2失点ともセットプレーによるもので、それもミスから招いたと長谷部は主張する。

「2失点とも崩されたというよりは、自分たちのミスからという部分が大きい。そこは修正しないといけない部分だとは思いますけど、やられる感覚はそこまでなかったので。もちろんW杯に出る相手はもっと攻撃力があると思うけど。攻撃もチャンスを作れた部分はあります。ただ、最後のゴールを取るという部分は欠けていた。まだまだやっていかないといけない部分ではあると思いますけど。課題が多くある中でも、過程の中では、そんなに悪い感覚はないということです」

また長谷部自身、日本代表では初となる3バックのセンターに入ってプレー。「問題点も出てきた」と語った一方で、手応えもあるという。

「結果はおいておいて、手応えとして自分たちのオプションとして持つということは手応えとしてもちろんある。4バックがこれまでやってきた中で、そこはベースとしてあると思う。3バックをやっていても、悪い感覚はあまりない」

ワールドカップではアフリカ勢のセネガルと対戦する中で、ガーナと戦えたことは「普段そういうチームとやることがない選手たちにとっては大きかったと思う」と捉える長谷部。それでも、本大会では結果のみが求められることは明白で、ガーナ戦を糧とできるかに注目が集まるところだ。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる