「あと半歩早く反応していれば」長谷部誠、失点に絡み悔しさにじませる

コメント()
(C)Getty Images
フランクフルトがブレーメンに敗れる。苦手アウェーでは4連敗。

フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠は、ブレーメンに敗れて悔しさをにじませている。ブンデスリーガ日本語版公式サイトが伝えた。

フランクフルトは1日、ブンデスリーガ第28節でブレーメンと対戦し、1-2で敗れた。ブレーメンの先制点はブロックした長谷部に当たり、コースが変わってゴールになるなど運にも見放され、「ああいうところはあと半歩早く反応していれば違う結果になった。勝負の世界はそういうところだと思います。悔しいは悔しいですけど、続けていくしかないですね」と唇を噛んだ。

長谷部は「悪いゲームではなく、勝ち点1を取ろうという話はしていました」と振り返るが、後半に再度勝ち越しを許してアウェーでは4連敗となった。

「最近のアウェーの試合よりはかなりよかったと思います。ハーフタイムに監督も『いいゲームをしているので、このまま続けていれば問題ない』という話はしていて、実際に追いついて、その後もチャンスがありました。アウェーでポイントを取れないというのはありますけど、とにかく連敗しないことが大事なので、次のホッフェンハイムは調子がいいですけど、しっかり勝ちたいと思います」

チャンピオンズリーグ出場権争いを続ける中で痛い黒星を喫したフランクフルト。4位RBライプツィヒとは勝ち点1差の6位につけている。

▶ブンデスリーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる