韓国サッカー協会が“怒りの声明”!ハリルとの接触を完全否定「実際の候補者との交渉に悪影響」

シェア閉じる コメント
前日本代表指揮官のヴァイッド・ハリルホジッチ氏が、韓国代表の新監督に就任する可能性が高くなったようだ。

アルジェリア代表監督復帰が濃厚となった日本代表前監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏。同じく就任の可能性が取り沙汰されていた韓国代表に関しては接触していないようだ。韓国紙『スポーツソウル』が伝えている。

ハリルホジッチ氏は、ロシア・ワールドカップまで2カ月を切った4月に電撃解任。本大会で指揮を執ることなく、日本を後にした。フリーとなってからは、かつてブラジルW杯でベスト16進出の偉業を達成したアルジェリア代表監督へ復帰する可能性を筆頭に、イラクや韓国といったチームも関心を寄せていると報道された。

アルジェリアは6月末にラバー・マジェール前監督が退任すると、ハリル復帰への動きが加速。アルジェリアサッカー協会のエレディーヌ・ゼッチ会長が再就任に向けた交渉を行っていると地元メディアが報じていた。

一方で、韓国代表もハリルに強い関心を持っている。『スポーツソウル』によると「韓国サッカー協会が今年4月まで日本代表を率いていたハリルホジッチに代表監督を提案した。韓国は、すでにアジアで訓練を受けた経験豊富なコーチを探しており、彼は非常に魅力的な人材だ」と伝えていた。

しかし、韓国サッカー協会(KFA)は9日に「ハリルとは接触していない」と声明を発表。「最近(ルイス・フェリペ)スコラーリやハリルホジッチなどKFAがまったく接触していない監督の噂が出ている。これはサッカーファンに多くの混乱と先入観を与えるだけでなく、実際の監督候補者との交渉にも悪影響を及ぼすおそれがある」と報道をけん制する動きを見せている。

さらに「今後、KFAは監督候補者と円滑に協議するため、最終的な監督選任を発表するまでは、監督候補者との接触状況や委員長の日程について、一切の公式コメントをする予定はない。また、正式に確認されていない噂や断定的な報道は自制していただくようお願いしたい」と怒りをあらわにしている。

KFAの声明通りにいけば、ハリルの韓国代表就任は限りなく低くなったと考えられる。果たして、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の名将は新天地をどこに選ぶのだろうか。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
鎌田大地、数日中に去就が決定か…クラブはキャンプ前に戦力の整理に踏み切る?
次の記事:
リヴァプールでクロアチア代表CBコンビ実現の可能性…ロシアW杯で準優勝に貢献
次の記事:
俳優の青山隼さんが徳島に電撃復帰!選手としてではなく…レジェンドアンバサダーで
次の記事:
J1通算21,000点まであと4発!今回も等々力で生まれるか…記念弾にまつわる仰天データ
次の記事:
横浜FM、セルビア出身DFの完全移籍内定を発表!W杯での日本の戦い、サポーターの清掃に感銘
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する