ベルギー代表ムニエが語ったW杯への期待「世界に名を轟かせる最後のチャンス」/独占インタビュー

シェア閉じる コメント
ベルギー代表の初戦を前に『Goal』が独占でDFムニエのインタビューをお届け。初の大舞台へ抱えている思い、そして期待を語る。

4年に一度の祭典がついに開幕した。

『Goal』では、ロシア・ワールドカップ開幕に際して現役の選手や指揮官に独占インタビューを実施。今回は大会屈指の選手層を誇るベルギー代表の一人、トーマス・ムニエだ。

クラブでもパリ・サンジェルマン(パリ・サンジェルマン)の一員としてスターに囲まれるムニエ。ベルギー代表としてワールドカップに臨むのは初めての経験となる。ワールドカップ初戦を直前に控え、どのような心持ち、思い、そして期待を抱えているのか『Goal』だけに語ってもらった。

■W杯の思い出は…

Ronaldo Brazil 2002

――ワールドカップにおける最高の思い出は?

選手としては初めてだからね。でも、ブラジル代表のロナウドのファンだったし、彼が2002年に決勝のドイツ戦でゴールを決めた時が、一番素晴らしい瞬間だったな。彼は僕の憧れの存在だったから、本当に超ハッピーだったよ。

――ワールドカップ初出場ですが、体力的、精神的にどのように対処するのでしょう?

今シーズンあまり試合に出場しなかったことが、かえって新鮮さを与えてくれると思うんだ。だから体力的にはほとんど問題がないはずだよ。精神的には、この数年頑張ってきたご褒美だと思っている。一流選手に囲まれて一流の代表チームでプレーすることへのご褒美。この素晴らしいチームの一員としてプレーできるなんて、最高だよ。

――では、今シーズンPSGであまり出場しなかったことで、リズムが狂ったりはしない、と?

PSGでの試合は3日おきくらいにあるから、僕にとっては過酷なんだ。でも見てくれていたらわかると思うけど、最後の3試合はすごくリフレッシュしていた。おそらくこの3試合が、今シーズンで一番体力的に調子が良かったと思うよ。もちろんシステムは違うけど、3バックで戦うし、プレスはかなりきつくなるだろうけど、体力的に問題はないよ。

■多民族国家ベルギーはなぜ団結できる?

――(ロメル)ルカクによると、あなたは〈最大の啓示〉であり、絶対に〈代表チームを失望させない〉と。確かに、ベルギー代表としてプレーする時は大活躍ですよね。

レッドデビルでは大活躍できるんだ。ルカクも知ってるはずだけど、彼に誰がアシストしてるのか? 僕だよ(笑)。だから、もっと褒めて、僕の自信をもっと高めようとしてるんだろうな。そういう彼の言葉はありがたいね。あいつは常に誠実な奴なんだ。実際、練習からすごく前向きにいられるようにしてくれた。で、多くのゴールを決められたし、アシストもたくさんできた。僕はディフェンダーとしてもプレーできるけど、頭の中では攻撃のことを考えている。(ロベルト)マルティネス監督は結構自由にやらせてくれるんだ。ロメルやミヒー(バチュアイ)とか、僕らには素晴らしいストライカーが揃っているしね。そして、このチームが〈啓示的〉になる成長を助けてくれたのさ。

World Cup Belgium

――控え室では異なる言語が飛び交い、宗教的にも様々なバックグラウンドが交じり合っていると思うのですが、どうやって団結できているんですか?

現在の状況は以前とは違っているからね。今の選手たちは若い頃から外国のトレーニングセンターに行って、以前よりも様々な機会を得られるようになったんだ。20~30年前は、ベルギー選手は皆ベルギー国内でプレーしていて、代表でもフランス語を話すグループとフラマン語グループに分かれていたんだ。例えはディナーの時とかも分かれて座っていたりね。でも今は、皆が外国でプレーしている。メインで使われる言葉は英語で、自国の言葉は使われないんだ。フラマン語を話すベルギー人は子供の時、フランス語を習う。ワロン地方だけ例外だけど、スタンダールとシャルルロワ(ワロン地方でクラブ)以外のクラブでプレーしたかったら国境を越えないといけないから、僕自身も含め、多くの選手がフラマン語を勉強するんだよ。あと、バイリンガルの選手も多いね。ブリュッセル出身の、僕とかロメル、ヴァンサン(コンパニ)、ドリース(メルテンス)…。 実際のところ、皆お互いにコミュニケートする方法を身に付けている。以前みたいにユニフォームだけでつながっているんじゃなくて、今はそれ以上なのさ。

■チームメート、監督については?

Eden Hazard Belgium 2018

――エデン・アザールは、バロンドールの候補に値するでしょうか? それともクリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシ、ネイマールは手の届かない選手たちでしょうか?

可能だと思うよ。彼がチェルシーよりももっと名声のあるクラブ、レアル・マドリーとかバルセロナとかでプレーできるようになればね。彼は素晴らしい選手だよ。今はプレミアリーグにいるけど、それがちょっと邪魔しているように思えるんだ。それとタイミングだね。メッシとクリスティアーノ・ロナウドが引退するまでは、トップ3と言ったら、まず彼らに支配されるからね。で、ネイマールが現れて、その後にもハリー・ケインとか(モハメド)サラーとか才覚を現した選手が2~3人いる。でもその彼らだって、3人が健在の間は選ばれる余地がないからね。もしエデンが5年遅く生まれていて、メッシとロナウドの君臨が終わったら、バロンドールを獲れると思う。

Kevin De Bruyne Belgium 2018

――誰もが同意すると思いますが、(ケヴィン) デ・ブライネの今シーズンの活躍は、素晴らしかったですよね。世界的に見ても、最高のMFだと思いますか?

間違いない! 彼はとても頭が切れる選手で、右足、左足とも完璧で、体力的にも超越している。アシスト数も多いしね。チャンピオンズリーグでも見せてくれたけど、試合の流れを変えることができるタイプの選手だ。常に成長していて、僕は彼のことをヘンク時代から知っている。その後ドイツに移籍したけど、レベルを落としたことがないからね。常に安定していて、プレミアリーグでの彼の評価は真っ当だと思う。

――チームにはとてもクオリティが高い選手がそろっていると思います。では何が、ここ数年のベルギーの成功を妨げているのだと思いますか?

経験不足かもしれない。12年間、主要大会に出られず、2014年のブラジル大会から、やっと全てが新しくなったから。それで、ブラジル大会でメッシや(アンヘル)ディ・マリアといった、W杯での経験も豊富な選手がいるアルゼンチンと対戦して、無意識にだけど、多少の恐れもあったのかもしれない。でもあれからの4年間で安定して、自分たちのクオリティにも気付くことができたと思う。僕自身がとてもポジティブに変貌できたユーロ2016の後のワールドカップは、きっと最高の経験になると思う。ピークを迎えている選手が何人もいるチームだからね。この数年で、きっと多くの変化が起こると思うから、このワールドカップと、ユーロ2020が、ベルギーが世界に名を響かせる最後のチャンスかもしれない。

――黄金時代について話されてますが、それは今ですか? それとも…?

スティーヴン・ドフールとラジャ・ナインゴランが代表から離れた。マルアン・フェライニ、ムサ・デンベレ、ヤン・フェルトンゲン、ヴァンサン・コンパニ…彼らにこれからの数年、代表として活躍し続けるだけのエネルギーがあるのか? 問題は、アザールや(アクセル)ヴィツェルがいてもその後に黄金時代はないことなんだ。単純に、良い結果を残すことが肝心なんだよ。僕らは国を代表しているのだということを認識して、最終的に高いレベルのプレーを見せなければならない、と思っている。

Roberto Martínez gfx

――マルティネス監督が(マルク)ヴィルモッツ氏に代わって就任してから、どんな変化がありましたか?

まずは、システムがより戦術的になった。以前は4-3-3だったのが、3バックでプレーするようになったからね。そして精神的にも、監督はとても前向きな人で、選手のことをとても助けてくれるんだよ。でもそれだけじゃなく、失敗も指摘してくれる。多くの分析を行い、緻密な戦術を立て、その上でワールドカップの準備をしてきた。コミュニケーションの方法も、監督がエヴァートンのスタッフを連れて来たから、皆が英語を話すように変わったよ。監督は若いし、良いチャンスだと思う。彼はイングランドに住んでいたから、スペインみたいなやり方じゃないけど、サッカーを愛しているし、ポゼッション、優位性など良い攻撃スタイルを構築できているね。

■対戦したいチーム、避けたいチーム

――6月2日のポルトガル戦では11人中 8人がプレミアリーグでプレーする選手でした。イングランドとの試合では有利になると思いますか?

イングランドは常に素晴らしいチームだけど、再編成の時期があって、今もその時だと思うから、これは僕の意見だけど、うちの方が安定しているんじゃないかと思う。彼らとは3試合目で対戦するから、勝ち点6同士で戦えば、打ち負かすチャンスはあると思うね。彼らのチームには優秀な選手がいて、素晴らしいプレーができるけど、僕らの方が勝っているはずだよ。

――彼らのチームの何を、あるいは誰を警戒しますか?

彼らはとても強力で、ディフェンスも強い。例えばカイル・ウォーカーとかね。ハリー・ケインやデレ・アリも優れた選手だ。ただ、優秀な選手が揃っていてもチームとしてどうか、ベルギーはチームとしても円滑で、進歩し続けていると思うんだ。トレーニング中にも進歩が見られたし、僕らには強い欲求と使命感がある。うちのチームの大半がプレミアリーグでプレーしているのは、有利だと思うよ。相手がどんなプレーをするか、知っているからね。スリーライオンズの全ての選手のことを、僕も含めうちのチームメートは、少なくとも見たことがあってわかっているから。勝利のカードを握っているのは僕らさ。

――他のチームとも対戦しますが、チュニジアについては何かご存知ですか?

(ワフビ・)ハズリとトロワのサイフ・エディン・ハウィは知ってるよ。ハズリとは、今シーズン、スタッド・レンヌと対戦する機会が多かったから、何度も会っている。正直言うと、彼以外の選手はあまりよく知らないんだけど、スタッフが教えてくれるはずだよ。いずれにしろ、彼らも勝ち抜いてワールドカップに参加しているわけだから、それなりの実力があるはず。この大会は特別な大会だから、何が起こっても驚かないよ。とにかく全力を尽くして後悔のない3試合を戦い切ること。集中を維持しないとね。

France Starting

――避けたいチームはありますか?

スペインだね。サッカーそのものに大改革を起こした国で、今でも改革を続けている。常に安定しているし、素晴らしい選手がそろっている。彼らのサッカーは最高だと思う。ベルギーにもボールを保持するのが好きな選手はいるけど、より体力勝負で、荒っぽいんだ。僕らはどちらかと言うとラテン系スタイルじゃなくて、ドイツっぽいスタイルなんだ。スペインとは、マルティネス監督になって初めての試合で対戦して、ボールに触れることさえまともにできないまま0-2で負けた。その時から状況は変わっているけど、できることなら避けたい相手だね。

2018-06-16-spain-nacho

――では逆に、対戦したいチームはどこでしょうか?

間違いなくフランスだね。僕はフランス人に対して何の問題もないけど、ここでは隣国に対して余計にライバル意識を燃やす習慣があったりしてね。僕らのルーツはオランダ系フランドルにあるし。フランス語を話すベルギー人は、何百年か前に、フランスに侵略されてからフランス語を話すようになったんだよ。打倒フランスというのは染み付いていて、スタッド・ド・フランスで4-3と勝利した時は、素晴らしかった。フランスは負かすことができない兄貴みたいな存在だったから、勝った時は信じられないくらいで、2カ月はその話で盛り上がりっぱなしだったよ。

――PSGではブラジル人のチームメートも多いですが、ディフェンダーとしてネイマールとは対戦したいものですか?

neymar brazil

もちろん! ネイマールや(フィリペ)コウチーニョ、ガブリエウ・ジェズスを擁するブラジルが攻めて来たら…爆弾そのものだね! 彼ら相手に良い結果が出せた際には、最高のチームになった、ってことも言えると思う。マルキーニョスやチアゴ・シウバと対戦することは楽しみだし、ベスト16まで進出できたら、彼らに会うのも夢じゃない。思ってたより早く会えるかもね。

――ベルギーの強みと弱点は何ですか?

僕らの強みは、団結力だ。皆が献身的で、精神的に団結したグループなんだ。反応を得るのに余計な圧力をかける必要もなくて、僕にとっても大切なポイントなんだ。弱点は予選で強いチームと対戦する機会がなくて、この前のポルトガル戦以外ではヨーロッパや世界の強豪と対戦して自らをテストする機会がなかったこと。ただ、最初の3試合で良い試合ができたら、自信につながると思う。

――目標としては、どのくらい行けるでしょう?

ベスト4だね。僕らには優秀な選手がそろっているし、精神的、体力的にも恵まれた、最高のチームなんだ。全てがそろっている。完全までは2~3%欠落しているかもしれない。だから準決勝到達は妥当だと思う。でも勿論、準々決勝でブラジルとぶつかったりして、50%のポゼッションで0-1で負ける可能性だってある。勘弁して欲しいけどね。ただ、通常のシナリオなら、準決勝進出は可能だと思うよ。

インタビュー・文=サブリナ・ベラルミ/Sabrina Belalmi

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
「若いエイリアンを初めて見た」W杯優勝に貢献の19歳ムバッペを代表同僚のヴァランが大絶賛
次の記事:
今夏積極補強のウェスト・ハムが武藤嘉紀獲得へ動き出す…ニューカッスルと一騎打ちへ
次の記事:
香川真司、ドルトムントから今夏の退団も? クラブが中盤の刷新を計画中と現地報道
次の記事:
膝負傷のオックスレイド=チェンバレン、長期離脱が確定…クロップ「今季中に復帰できればボーナス」
次の記事:
槙野智章が明かす原口元気への恩返し「スタンドとピッチという境界はありましたが…」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する