「レアル・マドリーはサラーを欲しがっているが…」元会長が“財政面”を理由に獲得困難と予想

Liverpool's Mohamed Salah celebrates vs RB Leipzig, Champions League 2020-21
Getty
【欧州・海外サッカーニュース&移籍情報】リヴァプール(プレミアリーグ)で活躍するモハメド・サラーに対してはレアル・マドリー(ラ・リーガ)などビッグクラブが獲得に興味を持っているようだ。

レアル・マドリー元会長のラモン・カルデロン氏は、古巣がモハメド・サラーに関心を抱いていると認めつつも、高額であり手が出せないことを認めた。

2017年のリヴァプール移籍以降、大きな注目を集めるサラー。イングランドの名門で公式戦188試合、118ゴールと好パフォーマンスを続ける28歳のエジプト代表FWに対しては、レアル・マドリーやバルセロナといったビッグクラブが獲得を狙うと頻繁に報じられており、選手自身もスペイン行きに興味を持つと考えられている。

そんななか、レアル・マドリー元会長のカルデロン氏は『ON Time Sports』に対し、サラー獲得の可能性について「彼は最高の選手で、ゴールスコアラーだ。しかし、リヴァプールを助けてきた彼をクラブが手放すとは思わない」と話し、高額な移籍金を要求されるために、スペインのビッグクラブでも簡単に手出しできないことを予想した。

「仮に彼らが売却を決めたとしても、それは多くの金と引き換える時だけだと予想できる。もちろんレアル・マドリーはサラーを欲しがっているが、リヴァプールは高額な移籍金を要求し、移籍が完了するにしても金次第になるだろう」

「サラーはファンタスティックなポテンシャルのある最高の選手で、すべてのクラブがそのようなタレントをチームに入れることを希望する。しかし、レアル・マドリーにサラーと契約できるだけの資金があるとは思えない」

ラ・リーガ|最新ニュース、順位表、試合日程

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる