エルチェGKバディア、メッシにユニフォームを求められてビックリ…慌てて脱いで渡す

Messi Barcelona Elche 24022021
Getty

25日のラ・リーガ第1節延期分、バルセロナは敵地マルティネス・バレロでのエルチェ戦に3-0で勝利している。この試合終了直後には、MFリオネル・メッシが珍しく、ピッチ上でユニフォームを交換する姿が見られた。

この試合の後半に2得点を決め、さらにクロスからFWジョルディ・アルバが記録した3点目の起点にもなるなど、バルセロナの全得点に絡んだメッシ。ピッチ上ではなく、ドレッシングルームに続くトンネルでユニフォーム交換を行うことを常とする同選手だが、この日は違った。

試合終了後、ピッチ上でユニフォームを脱いだメッシは、すぐそばにいたGKエドガル・バディアと健闘の握手を交わしつつ、それを手渡した。その直後、メッシは笑みを浮かべながらバディアにユニフォームを求めるような言葉を口にして、バディアは「ああ、そうか」と気づきいたように驚いた顔を見せて、慌ててユニフォームを脱いでメッシに手渡している。メッシはそんなエルチェ守護神の様子を目にしながら、今一度やさしい笑みを浮かべていた。

この試合をスペインで放送していた『モビスタール・プルス』は、『ツイッター』でその映像を「彼はメッシ。しかし、それでも君のユニフォームがほしいのさ、エドガル・バディア」との文言で紹介している。バディアにとっては、忘れらない瞬間となったに違いない。

なおバディアは昨夏にラ・リーガ2部Bに所属していたレウス(2020年10月に解散)からエルチェに加入。29歳でラ・リーガ1部デビューを果たし、このバルセロナ戦でも3失点ながら好守を見せていた。

ラ・リーガ|最新ニュース、順位表、試合日程

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる