ニュース ライブスコア
久保 建英

「世界のどこであっても、必要とされる選手になりたい」久保建英が語る過去、現在、未来【前編】

12:00 JST 2019/04/24
2019-0424-takefusa_kubo

FC東京MF久保建英。今季、明治安田生命J1リーグで強烈なプレーを披露している。Goal(世界全37エディション)では毎年「NXGN世界で最も優れた10代50人」という企画を行っており、久保が2年連続でランクインした。日本人選手としては初の選出となる。この日本が誇る逸材の本質を探るべく、話を聞いた。前編はサッカー小僧だったころから、いま、J1の舞台で戦うことについて。【聞き手:川端暁彦 写真:新井賢一】

■「生き残っていくには?」と言う問い

――今日は久保建英という選手の「ここまで」と「これから」の両方を語ってもらえればと思っています。まずはサッカーを始めたきっかけを教えてください。

子どもの頃は、とりあえずサッカー漬けでした。もう物心ついたときにはボールを蹴っていて、いつ蹴り始めたのかとか、そういう記憶もない感じです。みんな大体そんなふうに想像してくれるかなと思うのですが、本当にその通りの「サッカー小僧」でした。

――「もっとうまくなりたい!」とかではなく、もっと自然に?

ただただ、サッカーをやっていて楽しかったので、うまくなるとかそういうのではなかったと思います。

――そんな意識が「選手」として変わってきたのは?

転機と言うほどではないのですが、小学校に上がって、周りにうまい子が来たときは、『あの子たちに負けられない。自分が一番になりたい』という気持ちが自然と出てきました。川崎フロンターレ(U-10)に入りましたが、地域のうまい選手たちが集まってくるチームで、そこで遊びのサッカーではなく、「自分がここで生き残っていくには?」ということも、ちょっとずつ考え始めていたと思います。

――そして、バルセロナがやっているバルサキャンプに参加して大きな決断に至ります。

「キャンプでMVPになったらバルセロナの遠征に連れていってあげるよ」と書いてあるチラシを読んで応募したんです。(キャンプは)思っていたより長くて、回数も多くなりました。遠征に連れていってもらって、「これで終わりかな」と思っていたらテストを受けさせてくれるという話が来て、いつの間にかトントン拍子にいろいろなことが進んでいたという感覚でした。

――トントン拍子とはいえ、当時まだ10歳ですよね?

まだ子どもだったので、特に怖いとかそういう感情はなかったんです。ただ単に「何かうまい人たちとサッカーをやれるんだ」という感じでしたね。もう、それだけでした。

――向こうでは日本のやり方や文化とのギャップもあったと思います。

頭を使うことに関して日本人は優れていると思います。戦術理解度というか、言われたことをしっかりやるという意味では日本人のほうが得意だと思うんです。ただ、逆に言われていないことまでやれるという点では、スペインの選手はすごくレパートリーがあるんだなと感じながらやっていました。

――そういう意味で言うと、考え方を向こうに近づけていった感じですか?

どちらかと言うと、「気付いたら変わっていた」という感覚です。向こうの環境でやっているうちに、そこに慣れていったということだと思います。

――当時、一番の思い出は?

地中海カップという大会があって、決勝でゴールを決めてMVPをもらいました。その大会には過去にネイマール選手やコウチーニョ選手も出ていて、「あ、そんなに大きい大会だったんだ」と分かったときは、ちょっとうれしかったです。もらった盾もすごくカッコ良かった。今でも家に置いてあります。

――思い出すと、楽しい記憶が出てきます?

うーん……でも、良いことばかりではなかったです。特に最後のほうは試合に出られなくなってしまったので。試合に出られないのに遠征について行って、チームメートは出ていて、当然、試合には勝っていくわけで。そういうのを見ると素直に喜べない自分もいました。だから、日本に帰って試合に出られているときに、本当に幸せを感じました。

――帰国が決まったときの気持ちは?

最初は本当に帰りたくありませんでした。せっかく向こうの生活にも慣れて、チームにも馴染んでいるのに「なんで?」と。向こうに慣れるまでの時間は当然すごく苦しかったわけですから……。それがまた続くのかという感覚で帰るのは嫌でした。ただ、意外と「住めば都」ではないですが、日本に帰って来てすぐ適応できたので、そこは良かったと思います。

■環境のせいにはしたくない

――そのとき、FC東京を選びました。振り返ってみてどう思いますか?

実は、あまり先のことまで考えて選んだわけではないんです。FC東京U-15むさしが強かったことが大きかったです。ただ、いま長い目で自分が歩んできた道を振り返ると、J3に参戦しているU-23チームもありますし、トップチームの選手と早くプレーできる環境だったのは良かったんだなと思っています。

――当時、平川怜選手もいたのが大きかったという話も聞きましたが。

当時の自分は全然、平川選手のことを知らなかった。日本に帰って来たら、一つ年上の代表にも選ばれていたりする選手だと言われて、「ああ、こういう選手がいるんだ」と思いました。実際、すごくうまかったですから。

――帰って来てわりとすぐに帯広で行われた日本クラブユース(U-15)選手権(2015年)に出場して準優勝。あのときもやりながらチームに馴染んでいっているように見えました。

夏の予選では試合に出ることができず悔しい思いもしていたので、「本大会には絶対に出てやるぞ」と思って臨んでいました。本大会ではしっかり結果も出せて、最後は決勝で負けましたけれど、良いところまで行けて本当に良かったと思います。

――あのチームでもそうだし、代表でもそうですけど、すでに出来上がっている集団に入っていって馴染む力がありますよね。

自分はコミュニケーション能力は結構高いほうかなと思っています。それを活用できているというか、活かせていたと思います。

――帰国してすぐ、一つ年長の年代別日本代表の活動にも参加するようになりました。

帰って来る時に、ちょうどU-15日本代表が立ち上げられるということを知りました。実際に呼ばれてみたら、やはり自分がやってきたサッカーとは違う部分もありましたね。あと帰国してすぐのころは結構、メディアの方々にもいろいろなことを書かれるようになって、そこに慣れるのに最初は苦労しました。でも、それを乗り越えたからこそ今があると思っています。そういう経験も良かったんだと思います。

――今までやってきたサッカーとの違いはどの辺りで感じていました?

スペインではミーティングもそんなに長くやらないのでその部分ですね。あとはやはりしっかりやる練習というか、「これ」と決めた練習をやる部分というか。「パス&コントロール」の練習といったものは、あまり向こうではなかったので。

――ああ、日本はそういう相手のいない「形」の練習が多いですよね。対面パスとか。でも、そういうのも消化していった?

はい、もう慣れたので大丈夫です。結局、自分が「それ違うな」という感覚になった練習も、単にスペインに慣れていたからそう感じたのであって、日本に慣れれば別に問題ないんです。

――帰国当時、「スペインにいなくても成長できるんだ」という話をしていて、すごくそれが印象に残っています。

環境のせいには絶対したくないですし、やはり成長できるかどうかは、結局自分がやるか、やらないか。それだけなので。その気持ちは今もまったく変わらないです。

■どんどんどんどん、次の課題を見つける

――当時から特に意識して取り組んでいるトレーニングはありますか?

特にこれというものはありません。どのトレーニングというより、自分が試合中に「あ、これ、ダメだな」と思ったらやる感じです。そこはどんどん改善点を見つけて、練習の中で改善していくようにはしています。例えば「ドリブルの緩急が課題だな」と思ったらそこを意識して取り組んで、それを身につけられたら、すぐ「次の課題へ」という感じです。後ろは振り返らずに、どんどん、どんどん次のことを探して吸収するようにしています。

――試合の映像なども繰り返し見たりしますか?

いや、フルタイムではあまり見ないです。例えば自分のプレー集や自分が覚えている時間帯の「ここから見よう」と決めて、「ここ、やっぱりミスしていたな」とそういう見方をします。自分の覚えているプレーを見たりすることは結構しています。

――実際、試合後に話を聞いていてもプレーの細かいところを覚えていますよね。

結構、記憶力はいいので(笑)。

――それはプレーの一つひとつを大切にしていて、強く意識しながらやっているからでしょうか。

逆に考えながらやっていないときもあります。ただ、プレーが終わった瞬間に「あ、今の違ったな」と思った場合、それを無意識に記憶している感じにはなっているのだと思います。

――いまJ1で試合に出られるようになってからも、そうやって一つずつ課題を消化していっているように見えます。

最初に出たのはルヴァンカップの試合で、そのときは相手も大きくて速くて……。自分の体もまだまだ素早く動かない感じでした。でも今はスピードにも慣れて、強さにも慣れて、というふうに変わっていると思います。映像で振り返ってみても、「あ、やっぱり成長してるんだな」と感じます。そういう形でも、映像は見るようにしていますね。

――実は去年の映像を観てみたんですが、やはり今とはちょっと違う。どこが一番変わりました?

自信を持てた。そこがやはり大きいと思っています。たとえ1、2回ミスをしても、「いや、やれているから。やればできる」と言い聞かせるようにしていますし、そこは以前と違うと思います。

――あと「久保は守備面が課題」という言われ方をすることも多かったと思います。そこも変わりましたよね。

そこは遅かれ早かれ大事になることだと思って取り組んできました。世界にはやはりいろいろなチームがある。攻撃だけしているようなチームは世界でも本当に限られていると思うので。自分は世界のどのチームに入ったとしても、必要とされる選手になりたい。完全無欠まではいけないと思いますが、できるだけそこに近い選手にはなりたい、って思います。

――逆に言うと、「このサッカーじゃなきゃ嫌だ」みたいな感覚は?

いや、全然ないですね。試合に出場できればそれが成長につながると思っていますし、「このサッカーでなければ」なんて感覚はまったくありません。本当に、どんなサッカーにでも対応できる選手でいたいと思っていますし、それが成長につながっているとも思います。

――そう考えると、昨季途中から横浜F・マリノスに期限付きで移籍して、そこでまた違うタイプのサッカーに触れながら試合経験を積んだのも大きかったですね。

当時の自分が東京に残って、序列を覆すのは正直難しかったと思います。そういう中で、自分を評価してくれている横浜FMに行きました。そこでは良いことも悪いこともありましたけれど、でも、そこで激しい練習を重ねながらチームの中での序列を争ったりという経験ができて、「やっぱりJ1でやらないといけない」という思いも出てきました。

その中で一個上の世代の代表にも選ばれて(東京五輪を目指すU-22日本代表)、「このチームに定着していかなきゃいけない」という思いも当然出てきました。環境を変えることで違った景色が見えるようになって、もっともっと上を目指せるようになったと思います。

――環境を変えることで見えた景色というのは?

やはり、チームによってやっているサッカーも違えば、当然やっている練習も違います。もちろん、練習する場所も変わります。チームメイトも監督もすべてが違うわけで、求められていることも違ってきている。

でも何のために練習をしているのかといったら、勝利のために練習していて、そのためにチームがある。そこは変わらない。そうやって結果を求められている中で、監督やスタッフの要求にしっかり向き合って、仲間の選手一人ひとりともしっかり向き合って、そしてチーム全体としっかり向き合っていくことを学べたと思います。

「俺が俺が」ではなくて、「このチームはどういうふうに俺を必要としているんだろうか?」と考えられるようになりました。つまり、「どういう選手になれば試合に出られるんだろうか」ということを、より深く考えるようになったと思います。

――その経験があってFC東京に帰って来て、キャンプから周りの評価を変えていきました。

まず自信を持って臨むというのを考えていました。キャンプではたとえミスをしても、『いや次はできる』と意識的にポジティブに捉えてプレーしていました。自分は環境を変えて成長できましたけれど、もう「この成長は自分の頑張りだから」とまず捉えて、「自分はできるんだ」と思ってプレーするようにずっとしていました。そうしたら自然と以前東京にいたときよりもできるようになっていたという感覚です。

――成長の実感を得て、プレーの感覚的にも変わってきました?

でも、自分はもっともっとやりたいと思っています。「やれる」と思う一方で、「このくらいやらなきゃダメだな」と思っていたくらいの活躍なので。別に今のプレーに満足はしていないです。でもホントにちょっとだけ一安心って感じはありました。

――やはり、満足はしていないんですね。運動量を増やして守備にも貢献しつつ、なおかつゴール前での精度を出したいと言っていました。

そうですね。あとは最後の危ないところにいかに入って行けるかが大事だと思いますし、そこは結局回数だとも思っているので。いかに回数を増やしてできるだけゴールに絡めるか。そこも意識しています。

――やはりゴール。

目に見える結果、得点を奪うというのは絶対に大事だと思うので。あまり良い試合をしていなくても、『俺は点を取ったから大丈夫』みたいな人もいますし。そういうのもちょっとは必要かな、とは思いますね。

――スペインだったらそういうフォワード多かったんじゃない?

多いですね(笑)。

――そこを見習う?

いやいや、自分は全然そういうメンタリティではないんです。でも、そういう選手の気持ちも分かりますし、そういう意味では両方を求めていればいいかな、と思いますね。

――結果も出しつつ、内容もある選手に。

はい。良いプレーをしながら結果も。そこを両方追求していける選手になりたいと思っています。

【後編はこちら!「常に上を目指す。そのための努力は惜しまない」久保建英が語る過去、現在、未来】

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の記事です