スールシャールがマンチェスター・ユナイテッドでやるべき3つの改革:クリスティアーノ・ロナウドを外し、ちぐはぐなプレスを捨てる…

Ole Gunnar Solskjaer Cristiano Ronaldo Manchester United GFXGetty Images

先週末のリヴァプール戦で0-5の屈辱的な大敗を喫したことで、オーレ・グンナー・スールシャールは強烈なプレッシャーを受けている。だが、トッテナム戦でベンチに座ることは確実。今のところ、指揮を取り続ける方向のようだ。

それでも、“執行猶予中”であることは変わりない。さらに悪化するようなら、解任間違いなしだろう。だからこそ、スールシャールは抜本的な改革を行うべきなのだ。ドレッシングルームでもサポーターとの間でも不安が生じる中で、緊急措置が必要となっている。

このまま現在の戦術やメンバーを使い続けることは、彼にとって最高の利益にならないことは確かだ。一連の不調(公式戦13試合中12試合が満足できるものではなかった)は、彼が劇的な変化を必要としていることを示している。

今、スールシャールがすべきことは以下の通りだ……。

文=アレックス・キーブル(『Goal』戦術分析ライター)