Jリーグアウォーズで発表される「2018 Jリーグベストイレブン」に選出される選手は?~DF編~

最終更新
©J.LEAGUE

  1. WinningEleven_DF_西大伍
    ©J.LEAGUE

    西 大伍(鹿島アントラーズ)

    1987年8月28日生まれ 176cm/73kg

    攻撃センスと戦術眼に長けたSBは、決して身体能力に恵まれてはいないものの、気の利いた位置取りと出足の鋭さを兼ね備え、守備での貢献度も高い。そのサッカーセンスの高さは他チームの選手からも一目を置かれており、昨季は自身初のベストイレブンに輝いた。負傷を抱えて迎えた今季は、開幕から出遅れたものの、ACLとの両立により総力戦を強いられたシーズン終盤に存在感を発揮。サイドハーフとしてもプレーし、多くの得点機に絡んだ。

  2. WinningEleven_DF_槙野智章
    ©J.LEAGUE

    槙野 智章(浦和レッズ)

    1987年5月11日生まれ 182cm/77kg

    浦和在籍7年目を迎えた“調子乗り世代”の象徴は、すでに31歳となり、がむしゃらなプレーはそのままに、責任感と冷静さが備わるようになった。対人の強さをいかんなく発揮し、相手のエースを封じ込め、持ち前の攻撃力を示して4ゴールを奪取。苦しい場面でも人一倍声を張り上げ、チームを鼓舞する姿も印象的だった。オフ・ザ・ピッチの活動も目立つメディアスターは、夏には悲願のW杯出場を成し遂げ、新生・日本代表にも継続して招集されている。

  3. WinningEleven_DF_森重真人
    ©J.LEAGUE

    森重 真人(FC東京)

    1987年5月21日生まれ 183cm/78kg

    戦線離脱を強いられた昨季は不遇のシーズンとなったが、長谷川健太新体制となった今季、完全復活を果たした。特にシーズン前半は、最終ラインの軸としてチームを支え、快進撃に導いた。正確なキックで味方FWを走らせるなど、攻撃の起点としても機能。ACL出場には届かなかったものの、チームが最後まで堅守を保ち、6位と好結果を残せたのは、このCBの存在が大きかった。昨季、連続記録が途絶えたベストイレブン獲得も現実味を帯び、代表復帰も視野に入れる。

  4. WinningEleven_DF_エウシーニョ
    ©J.LEAGUE

    エウシーニョ(川崎フロンターレ)

    1989年11月30日生まれ 180cm/78kg

    圧倒的な運動量と高い攻撃性能を兼ね備え、川崎Fの攻撃的なスタイルを支える右SB。タイミングの良い攻め上がりでサイド深くまで切れ込んで、鋭いクロスからゴールをお膳立て。自らも果敢にエリア内に侵入し、強烈なフィニッシュをお見舞いする。献身的な守備も見逃せず、球際の争いでも強さを発揮。連覇に大きく貢献したブラジル出身のライトバックは、ファンに惜しまれながら今季限りで4シーズンを過ごしたクラブを離れることが決定した。

  5. WinningEleven_DF_車屋紳太郎

    車屋 紳太郎(川崎フロンターレ)

    1992年4月5日生まれ 178cm/73kg

    強烈な左足のキックを備えた、攻撃型のレフトバック。スピードと持久力を兼ね備え、果敢にサイドを切り裂くプレーこそが最大の特長だ。一方で高い身体能力を持ち合わせ、緊急時にはCBにも対応する万能型でもある。対人プレーにひるむことなく、激しくデュエルして相手FWの自由を奪っていく。日本代表に初選出された昨季ほどのインパクトは放てなかったが、安定感では昨季を上回る。プレーの成熟度を増し、さらなる成長が期待される。

  6. WinningEleven_DF_谷口彰悟

    谷口 彰悟(川崎フロンターレ)

    端正なマスクとクレバーさを兼ね備えた川崎F不動のCB。4年連続で全試合に出場、2年連続で全試合フル出場を果たした鉄人でもある。183cm、73kgの恵まれた体格だが、ポジショニングの巧みさと試合の流れを読むプレーにも長け、ピンチを未然に防いでいく。セットプレーのターゲット役としても機能し、今季も3つのゴールを記録した。リーダーシップも兼ね備え、副キャプテンとしてチームを牽引。川崎Fの黄金時代を支えるキーマンだ。
  7. WinningEleven_DF_奈良竜樹
    ©J.LEAGUE

    奈良 竜樹(川崎フロンターレ)

    1993年9月19日生まれ 180cm/77kg

    出場試合数は昨季から減少したが、谷口彰悟とのコンビでリーグ最少失点を実現。粗削りながら対人プレーと空中戦の強さはリーグ屈指で、相手のエース格を次々に封じ込めた。課題の足元の技術も着実に精度を高め、川崎Fのパスサッカーに適応できる水準にまで向上。熱くなりやすい性格だが、イエローカードを1枚ももらわなかったのも成長の証だろう。第12節の浦和戦ではチョン・ソンリョンの退場により、急遽GKを務めたことが話題となった。

  8. WinningEleven_DF_山中亮輔
    ©J.LEAGUE

    山中 亮輔(横浜F・マリノス)

    1993年4月20日生まれ 171cm/65kg

    果敢な仕掛けと強烈な左足を備えるレフトバックだ。今季就任したアンジェ・ポステコグルー監督が求める特殊な攻撃スタイルにいち早く対応し、開幕節のC大阪戦でいきなりゴールを奪取。サイドバックでありながら中央でもプレーする適応力の高さを示すと、シーズンを通して攻撃面に特長を発揮し、4得点・8アシストといずれもキャリアハイを記録した。11月には日本代表にも初選出され、出場わずか2分でゴールを奪うインパクトも放った。

  9. WinningEleven_DF_三浦弦太
    ©J.LEAGUE

    三浦 弦太(ガンバ大阪)

    1995年3月1日生まれ 183cm/77kg

    清水から加入した昨季にレギュラーの座を勝ち取ると、今季はディフェンスラインの軸として、全試合にフル出場。森保一監督が率いる日本代表にも、完全に定着した。183cmの身長と身体能力の高さを生かして、空中戦に絶大な強さを発揮する。SBにも対応可能で、フィードの的確さも備える。時折魅せるロングスローの威力も特筆すべきポイントだ。力強い守備を実現し、シーズン終盤の9連勝に大きく貢献した。

  10. WinningEleven_DF_佐々木翔
    ©J.LEAGUE

    佐々木 翔(サンフレッチェ広島)

    1989年10月2日生まれ 176cm/70kg

    2度の大ケガに見舞われ、ここ2年はほとんどプレーできない状態だったが、まさに不死鳥のごとく蘇った。チームの躍進を支えるとともに、恩師である森保一監督率いる日本代表にも定着。これまでは主に3バックの一角としてプレーしてきたが、城福浩監督が就任した今季は4バックの左SBとしてプレー。守備に特長があるものの、機を見た攻撃参加も効果的で、鋭いクロスからチャンスを創出。セットプレーのターゲット役としても機能した。

  11. KONAMI_Winning Eleven 2019_Key Visual

    『ウイニングイレブン2019』にJリーグ搭載!2018 Jリーグベストイレブン予想キャンペーンがスタート

    2018 Jリーグベストイレブンの予想キャンペーン詳細や応募の手順などは 特設サイト をチェック。

  12. KONAMI_Winning Eleven 2019_Banner

    『ウイニングイレブン2019』