ニュース ライブスコア
明治安田生命J1リーグ

2ゴールの活躍の小川慶治朗らを選出…第30節のウイニングイレブン×DAZN『Players of the Week』は?

18:00 JST 2019/11/07
KONAMI_JPOTW_30th_Main
明治安田J1第30節からウイニングイレブン×DAZN『Players of the Week』に選出された11人を紹介。 そして「Jリーグ プレビューショー」内で発表される、DAZN PICK UPに輝く選手は? 番組も合わせてチェックしよう。

  • KONAMI_JPOTW_30th_東口順昭

    東口順昭(ガンバ大阪)

    湘南ベルマーレ戦では見せ場こそ少なかったものの、安定したセービングで湘南の攻撃を零封。円熟のパフォーマンスで見事、完封勝利に貢献した。Jリーグ Players of the Weekへの選出で、GKセンス(81→91)やディフレクティング(83→93)、キャッチング(78→88)などの能力値が大幅にアップしてウイイレアプリに登場。

  • KONAMI_JPOTW_30th_渡辺剛

    渡辺剛(FC東京)

    大分トリニータ戦では三田啓貴のコーナーキックから得意のヘディングで追加点を奪うと、22歳らしからぬ円熟味の溢れるプレーで大分の攻撃陣をシャットアウト。攻守にわたり文句なしの活躍だった。Jリーグ Players of the Weekへの選出で、大分戦でさく裂したヘディング(75→84)やフィジカルコンタクト(75→84)、ジャンプ(76→85)などの能力値が大きく上昇している。また、新たなスキルとしてヘッダーが追加されている。

  • KONAMI_JPOTW_30th_マギーニョ

    マギーニョ(川崎フロンターレ)

    クリアミスでサンフレッチェ広島に痛恨の同点弾を許すものの、その直後に汚名返上の強烈な決勝ゴールをマーク。ドラマティツクなマギーニョ劇場でこの試合の主役となった。Jリーグ Players of the Weekへの選出でドリブル(70→79)やスピード(82→91)、スタミナ(73→82)などの能力値がアップ。またスキルとして足裏コントロールが新たに追加されている。

  • KONAMI_JPOTW_30th_大崎玲央

    大﨑玲央(ヴィッセル神戸)

    ベガルタ仙台のFW 長沢駿と繰り広げたエアバトルは迫力満点。しかし、この一対一で強さと高さを見せつけて神戸の完封勝利に大きく貢献した。第30節のJリーグ Players of the Weekへの選出により、ディフェンスセンス(71→80)やフィジカルコンタクト(77→86)、ジャンプ(72→81)などの能力値がアップ。また、ヘッダーのスキルが追加され、ウイイレアプリではより強力なDFとして登場。

  • KONAMI_JPOTW_30th_小野瀬康介

    小野瀬康介(ガンバ大阪)

    完勝を飾った湘南ベルマーレ戦ではゴール前のこぼれ球にいち早く反応し、先制点を奪った。得点シーン以外でも試合終了まで攻守にわたってピッチを駆け巡り活躍。Jリーグ Players of the Weekへの選出で、ウイイレアプリではオフェンスセンス(68→76)やボール奪取(60→68)、瞬発力(75→83)などの能力値が上昇。

  • KONAMI_JPOTW_30th_セルジーニョ

    セルジーニョ(鹿島アントラーズ)

    鹿島のレジェンド・ジーコの意志を継ぐ男が、劇的な決勝点を奪い浦和レッズ戦のヒーローに。逆足でのゴールながら高い決定力とシュートセンスは圧巻の一言。Jリーグ Players of the Weekへの選出で、オフェンスセンス(73→81)や決定力(74→82)、瞬発力(75→83)の能力値がアップ。また、アウトスピンキックとスーパーサブのスキルが追加された。

  • KONAMI_JPOTW_30th_遠藤渓太

    遠藤渓太(横浜F・マリノス)

    サガン鳥栖戦ではスタメン抜擢の期待に応え、チームを勢いづかせる先制点をゲット。守備でも90分間にわたって奔走し、アウェイでの勝利の最大の殊勲者となった。Jリーグ Players of the Weekに選出されたことで、決定力(65→73)やスピード(78→86)、瞬発力(77→85)の能力値がアップ。先制点の場面で見せたワンタッチシュートのスキルが新たに追加されている。

  • KONAMI_JPOTW_30th_杉本太郎

    杉本太郎(松本山雅FC)

    降格圏に沈む松本だがセレッソ大阪戦では数少ないチャンスをものにして引き分けに持ち込んだ。貴重な勝点1の原動力となったのは、狙いすましたシュートで値千金の同点弾を奪った杉本。4戦無敗で着実に勝点を積み重ねるチームを残留に導けるか。Jリーグ Players of the Weekへの選出により、ボールコントロール(75→81)やオフェンスセンス(65→74)、瞬発力(75→84)などの能力値が上昇。またワンタッチシュートとミドルシュートのスキルが追加された。

  • KONAMI_JPOTW_30th_アダイウトン

    アダイウトン(ジュビロ磐田)

    清水エスパルスとの静岡ダービーでは、試合終盤の土壇場で残留へ望みをつなぐ値千金の決勝ゴール。身体能力の高さと爆発的なスピードを見せつけて、相手守備陣の脅威になり続けた。Jリーグ Players of the Weekへの選出で、スピード(82→90)や決定力(81→86)、フィジカルコンタクト(77→85)などの能力値が大きくアップ。また、スキルとしてアクロバティックシュートが追加された。

  • KONAMI_JPOTW_30th_鈴木武蔵

    鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)

    第30節の名古屋グランパス戦では、自ら得たPKを冷静に沈めて貴重な追加点をゲット。このゴールで2シーズン連続の二桁得点を達成。今シーズンの札幌の最多得点者として、チームを最前線からけん引する。Jリーグ Players of the Weekへの選出で、オフェンスセンス(75→83)やスピード(80→88)、フィジカルコンタクト(69→77)など能力値が上昇。

  • KONAMI_JPOTW_30th_小川慶治朗

    小川慶治朗(ヴィッセル神戸)

    ベガルタ仙台戦では豊富な運動量とゴールへの鋭い嗅覚で、ヴィッセル神戸のJ1通算900得点目を含む2ゴールの活躍。久しぶりの先発起用に応えて見事、勝利の立役者となった。Jリーグ Players of the Weekへ選出されたことで、決定力(66→74)や瞬発力(81→89)、オフェンスセンス(66→74)などの能力値がアップ。スキルではワンタッチシュートが追加され、ウイイレアプリでも相手ゴール前で脅威となる存在に。

  • KONAMI_JPOTW_350coin_2020

    eFootball ウイニングイレブン 2020 KONAMI×DAZN「Players of the Week」とは

    今春よりスタートした「ウイニングイレブン」を運営するKONAMIとスポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」のコラボレーション。毎週金曜日にDAZNが配信する「Jリーグ プレビューショー」内でスペシャルコンテンツとして「Players of the Week」をお届け。

    両者が前節のJリーグで活躍した選手たちを「Players of the week」に選出し、選ばれた選手たちは「FP(Feature Player)」として実際にウイニングイレブン内に登場する。各選手、前節での活躍に合わせて様々な能力がアップした状態で DAZNロゴをまとった期間限定カードとして入手可能だ。

    さらにモバイルゲーム「ウイニングイレブン」からDAZNへ新規登録を行ったユーザーを対象に、ゲーム内アイテム 350myClubコインが毎月プレゼントされるキャンペーンも実施中。最新作『eFootball ウイニングイレブン 2020』ではiOSユーザーもキャンペーンの対象となる(KONAMI IDを所有しており、ウイニングイレブンと連携をしている方が対象)。

    ウイニングイレブンのダウンロードは こちら から。