W杯欧州予選のポット分け決定…抽選会は12月7日、来年3月に開幕

qatar 2022 logo 02.jpg
Getty Images
【欧州・海外サッカーニュース】FIFAランキング首位のベルギーやワールドカップ王者フランスなど10チームがポット1に入った。

国際サッカー連盟(FIFA)は、2022年ワールドカップ欧州予選のポット分けを発表した。

中東で初めて開催される2022年のカタール・ワールドカップ開幕まで2年を切る中、12月7日に抽選会が行われる欧州予選のポット分けが27日に決定。最新のFIFAランキングによって欧州55カ国が6つのポットに分類された。

現在、FIFAランキング1位のベルギーをはじめ、ワールドカップ王者のフランス、EURO王者のポルトガルといったFIFAランキング上位10カ国がポット1に入ることが決まり、抽選会の結果により、1グループあたり5から6カ国で本戦出場の13枠を争うことになる。なお、欧州予選は来年3月のインターナショナルブレイクより開幕する。

2022年ワールドカップ欧州予選のポット分けは以下の通り。

ポット1
ベルギー、フランス、イングランド、ポルトガル、スペイン、イタリア、クロアチア、デンマーク、ドイツ、オランダ

ポット2
スイス、ウェールズ、ポーランド、スウェーデン、オーストリア、ウクライナ、セルビア、トルコ、スロヴァキア、ルーマニア

ポット3
ロシア、ハンガリー、アイルランド、チェコ、ノルウェー、北アイルランド、アイスランド、スコットランド、ギリシャ、フィンランド

ポット4
ボスニア・ヘルツェゴビナ、スロヴェニア、モンテネグロ、北マケドニア、アルバニア、ブルガリア、イスラエル、ベラルーシ、ジョージア、ルクセンブルク

ポット5
アルメニア、キプロス、フェロー諸島、アゼルバイジャン、エストニア、コソボ、カザフスタン、リトアニア、ラトビア、アンドラ

ポット6
マルタ、モルドバ、リヒテンシュタイン、ジブラルタル、サンマリノ

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる