マンチェスター・Cが大勝でついに単独首位へ!デ・ブライネ欠場も絶好調ギュンドアンが2発

Gundogan Manchester City 2021
Getty

プレミアリーグ第20節が26日に行われ、19位ウェスト・ブロムウィッチと2位マンチェスター・シティが対戦した。

マンチェスター・Cはラヒーム・スターリング、リヤド・マフレズ、フィル・フォーデンが最前線に。ケヴィン・デ・ブライネが負傷離脱した中盤は、イルカイ・ギュンドアン、ロドリ、ベルナルド・シウバが並んだ。

3分にはフォーデンが左サイドからドリブルで運びながら左足を振り抜く。DFの股を抜いて狙ったが、GKの手をかすめてポストに嫌われた。それでも6分に先制点。ジョアン・カンセロのフィードに、裏に抜け出したギュンドアンがワントラップから右足でネットを揺らし、シティが先制に成功する。ギュンドアンはリーグ戦3試合連続ゴールとなった。

20分には追加点。B・シウバの抜け出しから、カンセロが左足でゴール左へとミドルシュートを沈め、2-0に。30分にはウェスト・ブロムの後方でのミスを突き、ギュンドアンがボールを奪取。最後は一人をかわし、左足でゴール左へと流し込んだ。前半終了間際にはマフレズが得意のカットインから左足でゴール左へ突き刺し、4点リードで前半を終える。

後半に入ると、58分にはロドリ、マフレズとつなぎ、最後はスターリングが押し込んだ。結局、試合は5-0のまま終了し、マンチェスター・Cが大勝している。

3ポイントを獲得したマンチェスター・Cがマンチェスター・ユナイテッドをかわし、単独首位に。2位ユナイテッドとは勝ち点1差となっている。

また、10位サウサンプトンと11位アーセナルの中位対決は、開始早々にセインツが先制。しかし、ニコラ・ペペの同点ゴールで追いつくと、ブカヨ・サカが1ゴール1アシストを記録。アーセナルが3-1で逆転勝利を収めている。

プレミアリーグ|最新ニュース、順位表、試合日程

▶2020-21 プレミアリーグ DAZN完全独占!1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる