W杯出場目指すUAE、現地メディアは岡崎慎司の「勝ちにこだわりたい」に期待

コメント()
(C)Getty Images
アラブ首長国連邦(UAE)のメディア『The National』は、レスター(イングランド)で活躍する日本代表FW岡崎慎司の発言を紹介し、日本がサウジアラビアに勝利を収めることを期待した。

2018FIFAワールドカップ ロシアのアジア最終予選も残り1試合。日本と同じグループBに所属するアラブ首長国連邦(UAE)は、勝ち点13で4位。勝ち点16で並ぶサウジアラビアとオーストラリアのいずれか、あるいは両国が敗れた上で、UAEが勝利を収めた場合に限り、2位あるいは3位に浮上する可能性を残している。

3位の豪州は最終戦で、グループ最下位のタイとホームで対決。2位のサウジはホームで、すでにW杯出場を決めている首位の日本と対戦する。サウジにとっては重要な一戦となるが、日本代表にとってはプライド以外の目的はない。

そうした中、UAEのメディア『The National』は、レスター(イングランド)で活躍する日本代表FW岡崎慎司の発言に、期待を寄せている。岡崎は豪州戦後、次のように語っている。

「今回の試合はサウジが突破を決めようと死に物狂いで来る試合だし、自分たちもそのくらいの気持ちがないと相手には勝てないと思います。むしろW杯へ向けてすごく大事な試合になるんじゃないかと思うので、そういう相手に対して自分たちが勝っていくっていうのが1つの段階として必要な部分だと思うので、勝ちにこだわりたいし、内容にもこだわっていきたいと思います」

日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、豪州戦に出場した一部のメンバーを外し、ベテランの岡崎とFW本田圭佑を先発起用すると予想。その一方で、主将の長谷部誠と、ドルトムントで活躍するMF香川真司が離脱したことも伝えている。

また『The National』は、「サッカーだけでなく、人は死ぬし、サッカー選手も引退するし、僕も引退しますし、若手は出てきますし、ごく自然な成り行き。若手とベテランの融合はより大事で、僕だけじゃなくて、経験ある選手が非常に大事な時期にある」といった本田のコメントを紹介している。

閉じる