W杯出場を懸けた大一番直前、豪代表ケーヒルが負傷…豪協会は「大陸間POに間に合う」

コメント()
Getty Images
ホンジュラスとのプレーオフに臨むオーストラリア代表のケーヒルが、直前の国内リーグ戦で足首を負傷した。しかし、豪協会はPOまでに間に合う見通しだと発表している。

ロシア・ワールドカップ大陸間プレーオフに臨むオーストラリアだが、大一番前にFWティム・ケーヒルが負傷したようだ。

アジア4次予選でシリアを下し、アジア5位の座を手中にしたオーストラリア。北中米カリブ海地区4位のホンジュラスと11月10日にアウェイで、15日にホームで行われる大陸間プレーオフに挑む。

しかし、シリアとの第2戦では2ゴールを決め、チームをプレーオフに導いた大ベテランケーヒルが重要な一戦に欠場する可能性もあるという。3日に所属先のメルボルン・シティの試合で負傷したようだ。

オーストラリアサッカー連盟(FFA)は、「ケーヒルは3日のリーグ戦で足首を負傷した。だが、翌日メディカルチェックを受け、ホンジュラス戦までに戦列復帰できる見通しである。現在、彼は回復に集中しており、チームへの合流が遅れる」と発表。試合には間に合う見通しとしているが、万全のコンディションで臨むのは厳しいようだ。

37歳になった今も無類の勝負強さを発揮する大ベテランは、ホンジュラスとの負けられない一戦でも存在感を発揮できるのか、大いに注目を集めることになりそうだ。

次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
次の記事:
ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」
次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
閉じる