W杯予選敗退危機のアルゼンチン、サンパオリ監督「ペルー戦で勝ち点を…」

コメント()
Getty Images
アルゼンチンがホームのベネズエラ戦でドローに終わり、南米予選突破に向けて不安を残している。サンパオリ監督は試合を支配しながらのドロー決着にコメントを残している。

現地時間5日、ロシア・ワールドカップの南米予選第16節が行われ、アルゼンチンはホームで最下位のベネズエラと激突した。

しかし、アルゼンチンはホームでまさかのドロー決着となり、これでホルヘ・サンパオリ体制での2試合は、立て続けに引き分けとなった。結果的にアルゼンチンは予選5位のままでロシア・ワールドカップ出場に向けて大きな不安を残している状況だ。

試合後、サンパオリ監督は次のように述べて試合を振り返っている。

「数々のチャンスを逃す形になってしまった。2試合ともに高いボールポゼッションを記録していながら、(2試合で)2得点しか奪えなかった。そんな中でもリオネル(メッシ)のプレーは素晴らしかった」

「しかし、これがフットボールであり、何が起こるか分からない。予選突破に向けて不安があるのは事実だ。ピンチに立たされたこの状況で、チームが混乱に陥ったり、選手たちがパフォーマンスを出せない状況にならないことを願っている」

アルゼンチンは10月5日にホームでペルー戦、同10日にアウェーでエクアドル戦が控えている。サンパオリ監督は「ペルー戦で勝ち点を獲得して、なんとしても勝ち上がりに向けて近づかなくては」とコメント。現在4位のペルーを下せば本大会出場に向けて一歩近づくことができるだけに、アルゼンチンにとっては真価が問われる一戦となりそうだ。

果たしてサンパオリはペルー戦に向けてアルゼンチンをどのように立て直すのか、窮地に立たされた知将の采配が注目される。

閉じる