W杯にも出場した南アフリカの英雄が引退宣言「たくさんの愛に包まれたキャリアだった」

コメント()
Michael Steele/Getty Images
元南アフリカ代表のスティーヴン・ピーナールが現役引退を表明した。

現役引退を表明した元南アフリカ代表MFスティーヴン・ピーナールが、代表への思いや所属していたクラブへの感謝を語った。

『SABC TV show』に出演したピーナールは現役引退に際して、2010年に自国開催されたワールドカップにも出場した代表チームへの愛の伝えた。

「振り返ってみれば、ときにはファンを失望させてしまったこともあるかもしれない。けど、バファナ・バファナ(南アフリカ代表の愛称)のユニフォームを着るのはいつだって光栄だったし、僕はたくさんの愛に包まれていたんだと思う」

続いて、自身のキャリアを振り返ったピーナールは、現役時代に所属していたクラブに感謝の言葉を送った。

「僕にユニフォームを着させてくれた全てのクラブに感謝したい。長いキャリアの中でいろいろなことがあったけど、その全てが僕にとって意味のあるものだった。彼らの幸運を祈っているよ」

ピーナールは2001年から2006年までアヤックスに所属し90試合に出場、15ゴールを記録した。その後、ドルトムントを経て加入したエヴァートンでは2007年から2011年までプレーしたほか、トッテナムやサンダーランドにも所属していた。

2017年からは、母国である南アフリカ共和国のビッドヴェスト・ウィッツに約6カ月の契約で加入。同チームとの契約満了以降、無所属の状態が続いていた。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
韓国が3連勝で首位通過! 主将ソン・フンミンが活躍、G大阪FWファン・ウィジョ弾などで中国との首位決戦制す
次の記事:
大迫勇也の状態に言及した森保監督、大幅メンバー変更で3連勝へ「1位突破がオーストラリアを避けるということではない」
次の記事:
「少しの間嫌いになるかもね」アンリ、親友ヴィエラとの指揮官として初対決に意気込む
次の記事:
Y・トゥーレが「ピケの10倍良い」と絶賛する選手は?ベスト11にはなんとアタッカー6人!
次の記事:
セリエAの人種差別問題、伊サッカー連盟会長が厳しい対応へ…“即座に試合中断”を検討
閉じる