VAR導入を検討するスペイン...まずは今季コパ・デル・レイで試験採用へ

コメント()
すでに国際サッカー評議会から許可を得る

スペインで、本格的にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の導入が検討されているようだ。

ドイツ、イタリア、ポルトガルでは、すでに導入されているVAR。スペインの審判技術委員会は、すでに国際サッカー評議会から同システムの使用許可を得ている。

広告

審判技術委員会はロシア・ワールドカップでも使用される見込みのVARを、今季コパ・デル・レイで試験導入する考えだとされる。直近の試合においては、コパ4回戦第2戦のアトレティコ・マドリー対エルチェで使われる予定だ。

VARをめぐっては、各界からさまざまな意見が寄せられている。何より、プレーが止まり試合が中断してしまう状況に不快感を覚える人も少なくない。スペインでは、今季コパで試験導入された後、来季からリーガエスパニョーラで使用されることになりそうだ。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
エジル、プレミアのドイツ人選手歴代最多得点記録更新!通算30ゴールに到達
次の記事:
アーセナルが止まらない!主将エジルの“魔法”でレスター下し、公式戦10連勝達成/プレミアリーグ第9節
次の記事:
バルセロナの哲学を壊しているのはGM?スカウティングの条件に“高身長”が含まれている模様
次の記事:
U-19日本代表タイを下し2連勝!U-20W杯出場を懸けた準々決勝へ進出
次の記事:
バルダーノ氏「レアルはC・ロナウド退団を冗談として受け止めた。監督代えても点取り屋はいない」
閉じる