ニュース ライブスコア
ラ リーガ

VAR介入であわや敗北も…シメオネ監督は好意的「以前はPKをとらないスタジアムもあった」

18:20 JST 2019/10/07
2019_10_7_DiegoSimeone

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)賛成派を貫いている。スペイン『マルカ』が伝えた。

アトレティコは6日、リーガ・エスパニョーラ第8節でバジャドリーとのアウェー戦に0-0で引き分けた。試合の中では、35分にMFトーマス・パルティがボックス内でバジャドリーFWサンドロ・ラミレスを倒してしまい、VARのチェックが入ってPKの判定に。しかし、サンドロがキックを外したことで、アトレティコは辛くも勝ち点1を手にしている。

しかし、敗北の危機があった試合後も、シメオネ監督はVARに関して肯定的な意見を示した。

「VARが役立つことに疑いの余地はない。当然、(VARの介入が)好ましい時もあれば、好ましくない時もある。だが、以前はペナルティーをとらないスタジアムもあったものだ」

「VARがある今では、私たちはペナルティーになったすべての事例に納得できる可能性がある」

第8節終了時点で3位に甘んじているアトレティコは、19日に行われる第9節ではバレンシアをホームに迎える。

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です