VARが再び混乱巻き起こす…FAカップで2度に渡りゴール取り消し

コメント()
Getty Images
3部リーグのジャイアントキリングが期待されたFA杯の再試合だが、主役となったのはVARだった。

28日に行われたFAカップ5回戦のトッテナムとロッチデールの一戦で、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定に両チームが苦言を呈した。

18日に行われたトッテナムとロッチデールの対決がまさかの引き分けとなり、再試合となっていた一戦。結果は6-1でトッテナムが圧勝したものの、前半のうちに2度もトッテナムのゴールがVARにより取り消され、そのたびに試合が中断した。VARは今夏に行われるロシア・ワールドカップでも導入されると見られている。

ダメ押しとなる6点目を決めたトッテナムDFキーラン・トリッピアーは、ビデオ判定が試合の流れを止めていたと『BTスポーツ』で語った。

「クレイジーだったね。明らかにいくつかの判定がゲームの流れを止めていた。でも審判は判断を下さなければいけないから僕たちは待つしかなかったよ」

敗れたロッチデールのキース・ヒル監督も現場に混乱があったこと認めた。しかし、審判を批判するべきではないと『BBC』に話す。

「VARの複雑さの問題であって、審判の責任ではない。第4審判は我々に何が起きているのか説明していたが、彼らにもう少しサポートが必要だろう。混乱していたさ。そして、私はVARがどんなものかを体験した。審判に同情するよ。判断は観客にも説明する必要があるだろう。映像をもっと上手く利用する必要がある」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
カーディフ、クラブ史上最高額でナントからストライカー獲得…今季リーグ・アンで12ゴール
次の記事:
ファーディナンド、ジョルジーニョを糾弾 「走れない」「守備できない」「アシストできない」
次の記事:
モウリーニョが古巣のマンチェスター・Uに恨み節?「ペップやクロップにはサポートがあったが…」
次の記事:
ホームで強いアーセナル…チェルシー撃破にエメリもご満悦「このメンタリティをアウェイ戦でも」
次の記事:
鳥栖、元日本代表FW金崎夢生と契約を更新「自分に出来る事を精一杯出して…」
閉じる