ニュース ライブスコア
UEFAチャンピオンズリーグ

UEFA、ローマに処分を科さず…チェルシーDFが人種差別を訴えるも証拠不十分で調査打ち切り

11:34 JST 2017/11/18
Edin Dzeko Chelsea Roma Champions League
リュディガーが人種差別を訴えたものの、UEFAは調査の終了を発表した。

欧州サッカー連盟(UEFA)は、チャンピオンズリーグで人種差別的なチャントがあったとしてローマの調査を行っていたが、証拠不十分で調査終了となった。

10月18日に行われたチャンピオンズリーグのグループリーグ第3節で、ローマは敵地でチェルシーと対戦。しかし、3-3の引き分けに終わったこの試合で、今夏セリエAのクラブからイングランドに渡ったアントニオ・リュディガーは「ローマサポーターから人種差別的なチャントの被害に遭った」と訴えていた。

それを受け、UEFAは10月からローマに対して調査を行っていたものの、十分な証拠は見つからず、調査の打ち切りを決定。UEFA管理・倫理・規律委員会は17日「調査を終了する決定を下した」と声明を発表した。この決定により、ローマが制裁を課される可能性はなくなったようだ。

昨シーズンまでローマで2シーズンを過ごしたリュディガーは、チェルシーに移籍する前に「イタリアで人種差別は非常に深刻な問題」と話していた。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。