ニュース ライブスコア
U22 National Team Friendlies

U-22日本代表、コロンビアに攻め込まれる展開で後半へ…久保らチャンスメイクも実らず

13:42 JST 2019/11/17
2019-11-17-kubo-22

国際親善試合のU-22日本代表vsU-22コロンビア代表が、17日にエディオンスタジアム広島で行われた。

来年夏の東京五輪に向けて強化を進める日本。メンバー発表時に「現時点でのU-22のベスト」を選考したと語った森保一監督は、スタメンにもA代表経験者を多く配している。

先日にマジョルカで初ゴールを記録して欧州4大リーグにおける日本人最年少記録を樹立したMF久保建英や、A代表のレギュラー格であるPSVのMF堂安律をはじめ、ズヴォレMF中山雄太、フローニンゲンDF板倉滉ら5名の海外組がスタートからピッチに立つことに。今回もこの世代で基軸としてきた3-4-2-1を採用し、トップには鹿島アントラーズFW上田綺世を据えている。

試合の立ち上がりからボールを持たれる日本だったが、7分にはピッチ中央付近でボールを受けた久保がドリブルを開始すると、ボックス手前で相手に倒されてFKを獲得する。しかし、直後に久保が直接狙ったシュートは壁に阻まれた。

さらに、10分に今度は堂安がドリブルからFKを獲得し、自らキッカーを務めて左足を振り抜く。これも枠を捉えないが、シャドーに入っている2人がスキル生かして積極的に仕掛ける場面を目立たせる。

その後も日本が久保らを中心に良い形で試合を進めるなか、コロンビアは26分に反撃。後方からのフィード1本に抜け出したルイス・サンドバルが左足でシュートを浴びせたが、を外れて日本は難を逃れる。

ここからやや重心が下がり劣勢が続く日本は36分にもピンチを迎える。コロンビアのショートカウンターからボックス中央に抜け出したリカルド・マルケスがGK大迫敬介との一対一の場面で倒れ込む。しかし、これはシミュレーションの判定でPKにはならない。

ヒヤリとさせられるシーンが続く日本だったが、試合は0-0のスコアで折り返しを迎えている。

▶【Goal.com×鹿島アントラーズ】誰でもDAZN(ダゾーン)が2ヶ月無料に!詳細はコチラ|11月30日まで

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です