トッテナムDFアルデルヴァイレルトの退団決定…20億円でカタール移籍へ

Toby Alderweireld Tottenham 2019Getty Images

トッテナムは、トビー・アルデルヴァイレルトのアル・ドゥハイル移籍で合意に達したことを発表した。

2015年にアトレティコ・マドリーからトッテナムに加入したアルデルヴァイレルト。以降、ベルギー代表のチームメイトであるヤン・フェルトンゲンとセンターバックコンビを組んで通算236試合に出場して、2016-17シーズンのリーグ2位フィニッシュや2019年のチャンピオンズリーグ決勝進出を果たしたチームの躍進に貢献した。

しかし、昨シーズンには序列を落とすと、昨夏に退団したフェルトンゲンの後を追うように、アルデルヴァイレルトも2023年夏までの契約を残すものの、今夏にノースロンドンのクラブから去り、カタールのアル・ドゥハイルに移籍することが決まった。

トッテナムは27日、公式ウェブサイトで「私たちはカタールのアル・ドゥハイルとトビー・アルデルヴァイレルトの移籍で合意に達した。トビーの将来の成功を祈っている」と発表した。

また、同選手自身は『Twitter』で「この6年間、チャンピオンズリーグ決勝やたくさんの思い出がある。まずはファンに、そしてチームメイトと素晴らしいスパーズスタッフの全員にありがとうと言いたい。このクラブはこれからも僕と僕の家族の心の中にある」と別れを綴った。

なお、カタールの強豪アル・ドゥハイルは、アルデルヴァイレルトの移籍に際して1300万ポンド(約20億円)をトッテナムに支払うようだ。