T・シウバ、ファンからネイマールへブーイングも「怒っているようには見えなかった」

コメント()
Getty Images
史上最高額でPSGに加入したエースは、4ゴールを決めてブーイングを浴びるという前代未聞の状況にも動じていないようだ。

パリ・サンジェルマン(PSG)でキャプテンを務めるブラジル代表DFチアゴ・シウバは、ネイマールが自軍のサポーターから受けたブーイングに対して怒りを見せていないと語っている。フランス『カナル・プラス』に語った。

PSGが8-0の圧勝を収めた18日のディジョン戦で、史上最高額の移籍金で加入したエースは4得点を挙げる活躍を見せた。しかし、7-0の状況でエディンソン・カバーニが獲得したPKを、すでにハットトリックを決めていたネイマールが蹴ったことにPSGサポーターは怒りを露わにした。カバーニはこの日、チーム3点目を決めたことによりズラタン・イブラヒモビッチが持つ156ゴールのクラブ歴代得点記録に並んでおり、このPKを決めていれば新記録を達成するはずだったからだ。

ホームでの記録更新を期待したPSGサポーターのカバーニコールを尻目にPKを沈めたネイマールには、ブーイングが浴びせられた。それでも、シウバはネイマールが落ち着いているように見えたと話す。

「ネイマールが怒っているようには見えなかった。彼の行為に納得のいかないサポーターはいたかもしれないけど、大事なことは8-0で僕たちが勝ったということさ。カバーニはすぐに新記録を達成するよ。試合はまだまだ残されていて、なにより彼はいつでもゴールを決め続けてきたからね」

8-0という完璧な試合を見せたにも関わらず、ネイマールのチームメイトへの敬意を欠く行為により不穏な空気がスタジアムを包んだものの、指揮官であるウナイ・エメリのネイマールへの信頼は揺るがないようだ。

「カバーニは我々のストライカーだ。彼はチームを助け、チームは彼のゴールを手伝っている。今回、PKはネイマールに譲ったが、これからもっとたくさんのゴールを決める機会がある。ネイマールがいた方がいいチームであることは明白だ。勝利も記録も全てはチームのためにある」

圧倒的なパフォーマンスを見せながらも、カバーニとのPKを巡るトラブルが後を絶たないネイマール。プレー以外の部分でもサポーターに認めてもらえる日は来るのだろうか。

▶リーグ・アンを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
大迫勇也の状態に言及した森保監督、大幅メンバー変更で3連勝へ「1位突破がオーストラリアを避けるということではない」
次の記事:
「少しの間嫌いになるかもね」アンリ、親友ヴィエラとの指揮官として初対決に意気込む
次の記事:
Y・トゥーレが「ピケの10倍良い」と絶賛する選手は?ベスト11にはなんとアタッカー6人!
次の記事:
セリエAの人種差別問題、伊サッカー連盟会長が厳しい対応へ…“即座に試合中断”を検討
次の記事:
アーセナルにこだます“不協和音”…敏腕スカウトが上層部と軋轢で退団か
閉じる