FIGC会長がユヴェントスに警告「スーパーリーグに残ればセリエAに参戦できない」

Getty Images

ユヴェントスがセリエAから追放される可能性があるようだ。

今シーズンはセリエA制覇を逃したものの、昨シーズンまで9連覇を飾った名門ユヴェントス。そんな同クラブが中心の1つとなって立ち上げた欧州スーパーリーグだが、予想以上の反発を受けて、レアル・マドリーとバルセロナを除いだ9クラブが脱退した。

欧州サッカー連盟(UEFA)は参加12クラブへの処分を検討し、依然として同リーグの創設を諦めない3クラブに対しては厳しい制裁を科す可能性を示唆したが、ここに来てイタリアサッカー連盟(FIGC)のガブリエレ・グラヴィーナ会長はユヴェントスのセリエA追放の可能性をイタリア『Radio Kiss Kiss』で示唆した。

「規則は明白だ。ユヴェントスがスーパーリーグの一部のまま来シーズンに入れば、セリエAには参戦できない。ファンには申し訳ないが、ルールはルールで、これは全員に適応されるものだ。この抵抗がすぐに終わることを願っている」

一方で、同会長はイタリア『Radio Anch'io Sport』でユヴェントスと今後さらなる交渉を進めることを明かしている。

「この紛争がすぐに終わることを願っているし、UEFAと3クラブの綱引きには少し辟易している。ユヴェントスとUEFAの仲介役になれることを願っている。それに、世界のフットボール、イタリアのフットボール、ユヴェントスにとって良くないことだ。しかし、フットボールの組織はルールにより成り立っている。連盟やUEFAによって定められた原則に従えないのなら、ルールによりチャンピオンシップへの参加は認められない」

セリエA|最新ニュース、順位表、試合日程

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】