エジプト、サラーを東京五輪招集へ…指揮官は「彼を呼ぶのは普通のこと」

salah
(C)Getty Images
【欧州・海外サッカーニュース】モハメド・サラーの東京五輪出場は…?

エジプトのU-23代表チームを率いるショーキー・ガリブ監督が、リヴァプールのFWモハメド・サラーを東京五輪メンバーに招集する意向を示した。エジプト『アル・アハラム』が伝えた。

2019年のU-23アフリカネーションズカップで優勝して東京五輪の出場権を手にしたエジプト。新型コロナウイルスの影響で当初の2020年夏から今夏に延期されている大会では、従来と同様に各国3名のオーバーエイジ枠を活用することができる。

ガリブ監督は、そのオーバーエイジ枠にリヴァプールの世界的アタッカーであるサラーを呼ぶことを希望。日曜日に「準備中のエジプトU-23チームにはモハメド・サラーとモハメド・エル=シェナウィ(アル・アハリ所属)が入ることになるだろう」と、招集メンバーについて言及した。

また、ガリブ監督は「サラーは現在、世界でも最も重要な選手の一人だ。そんな彼をエジプトの五輪代表メンバーに招集するのは普通のことだ。3月のインターナショナルブレークの後、リヴァプールと公式に話し合いを進めていきたい」と、本大会への参戦を望む姿勢を強調した。

サラーが東京五輪に参加することになれば、リヴァプールでの来季に向けたプレシーズンで不在に。そうなった場合、イギリス『デイリー・メール』などは2021-22シーズンのスタートもサラーが欠場するとみており、リヴァプールにとって大きな打撃になると見解。それだけに、クラブ側の判断が注目されるところだ。

プレミアリーグ|最新ニュース、順位表、試合日程

▶2020-21 プレミアリーグ DAZN完全独占!1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる