S・ラモス、エイバル戦で5分間ピッチから姿を消す…ジダンは「ちょっとトイレで“大”を」と説明

コメント()
Getty Images

10日のリーガエスパニョーラ第29節エイバル対レアル・マドリー(1−2)で、レアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスが試合中にピッチから姿を消して話題となっていたが、どうやら生理現象が原因だったようだ。

S・ラモスはこの試合の73分、エイバルの選手がレアル・マドリーのペナルティーエリア内で倒れている状況で、主審に何かを告げてロッカールームに続くトンネルへと向かった。ピッチに戻ってきたのは、それから5分後の78分。なぜその間、チームに10人でのプレーを強いたのか、憶測が広がっていた。

レアル・マドリー主将の謎の行動について、説明をしたのはジネディーヌ・ジダン監督だった。試合後、会見に出席したフランス人指揮官は、笑みをたたえながら「ちょっと、“大”をしていたんだ」と理由を明かしている。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

閉じる