「Jリーグはドイツのファンが見たらびっくりする。多くの選手が欧州へ行くはず」名古屋GKランゲラックが語る日本

(C)J.LEAGUE

名古屋グランパスのオーストラリア代表GKミチェル・ランゲラックが『Goal』ドイツ版のインタビューに応じ、Jリーグについて語った。

ランゲラックは2018年から名古屋グランパスでプレー。それまでブンデスリーガ、ラ・リーガなど欧州でプレーしてきたが、新天地を日本のJリーグに選んだ理由をこう語っている。

「僕には絶好のチャンスだった。フットボールの面でも生活の面でもいい決断だったよ。自分が必要とされていると感じたし、すべてが非常にプロフェッショナルに感じられた。それに日本の方がオーストラリアに近いから、家族にも近くなる。日本とオーストラリアは標準時が同じ時間帯にあるからね。僕は7年間ヨーロッパで過ごした。これは、故郷を離れて暮らすオーストラリア人にとってはとても長い時間だ。そんなに長く頑張り通せるやつはあまりいないね(笑)」。

さらに、Jリーグのレベルについても言及。「ヨーロッパと比べてどうか?」という質問に香川真司の名前を出しつつ、回答している。

「日本のフットボールはファンタスティックで、たくさんの素晴らしい選手がいる。ヨーロッパのフットボールではフィジカルが重視されるけれど、日本ではテクニックや素早く短いパスをつなぐプレーの方が重視されている。言ってみれば香川みたいなスタイルで、日本のピッチには香川並みのテクニックの持ち主が15人はいるような気がするよ。ドイツのファンが何試合か観戦したらびっくりするだろうね。Jリーグに注目しているエージェントは大勢いる。これからは、今よりもっとたくさん日本の選手がヨーロッパへ乗り込んでいくことになると思うよ」。

■日本で驚いたこと

また、日本での生活で苦労した点について問われたランゲラック。苦労した点よりも感動したことの方が印象に残っているようだ。

「選手たちが礼儀正しく、規律が取れていて驚いた。監督が何を言っても文句を言わない。ドイツでは練習が朝の10時に始まるとしたら、みんな9時に集まって、終わるとすぐに帰ってしまう。日本では練習が10時からだと8時にはもうやって来て、正式なメニューが始まる前に筋力トレーニングを行うんだ。その上、午後3時や4時まで残っていたりもする。彼らは毎日、一日中努力している。それが当たり前なんだ。僕はたぶん、どちらかと言うとヨーロッパ式のやり方に慣れているかな。他にも興味深いことがいろいろあるよ。例えばどこにもゴミ箱が見当たらないのに、道に全然ゴミが落ちていないんだ。ヨーロッパでゴミ箱が置いてなかったら、どこの道もゴミだらけになるだろうね」。

名古屋とランゲラックの契約は2021年まで。今後については「今の時点で答えるのは難しいけれど、これからもここで続けていきたいと思っている。時間が経てばどうなるかわかるだろう。今はうまくいくよう祈っているところだ」と残留を希望した。