ニュース ライブスコア
UEFAヨーロッパリーグ

PSV指揮官ファン・ボメル「物事がうまく進まなくなった」LASKリンツに逆転で敗れ落胆

15:33 JST 2019/11/08
2019-11-08 Van Bommel PSV
LASKリンツvsPSVは、アウェーのPSVが5分に先制するも、後半に4失点。敵地での逆転負けに、ファン・ボメルも落胆の色を隠せなかった。

PSVのマルク・ファン・ボメル監督は、敵地での1-4逆転負けにショックを隠せないようだ。

現地時間7日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)、グループD第4節LASKリンツvsPSVは、PSVが5分にPKで先行するも、56分からLASKリンツに4ゴールを叩き込まれ、PSVが1-4の逆転負けを喫した。

ここまで2勝1分けだったPSVにとっては4試合目でグループリーグ初黒星。だが勝ち点9のスポルティング、勝ち点7のLASKリンツに抜かれ、グループ3位に転落してしまった。

試合後、指揮官ファン・ボメルは会見で「この結果は期待とは異なるものだ」と試合内容を悔やんだ。

「前半は規律が保たれていて良かったと思う。だがハーフタイム明けから物事がうまく進まなくなった」

「LASKは後半から巻き返し、そのまま勢いづいてしまった。我々は激しい展開の中で自分たちのスタイルを出すことができなくなった。それでも1-4という結果は納得できるものではないが、私たちは誇りを失うわけにはいかない。今はプレッシャーに耐える必要がある」

また、この試合でゴールを守ったGKイェルーン・ズートも「PSVはどんな試合だって勝たなくてはならない。ヨーロッパリーグはグループ残り2試合だが、ここから落とせない状況が続く。まず、今は(10日の)ヴィレム戦に集中するよ」と発言。逆転負けを悔やみながらも、エールディヴィジの次戦へと照準を定めた。

ELでPSVは28日にアウェーでの第5節スポルティング戦に挑み、12月12日にホームで第6節のローゼンボリ戦を迎える。グループ1位のスポルティングは次節勝利すれば勝ち上がりが決まるだけに、PSVにとっては厳しい状況のアウェー戦となりそうだ。

▶【Goal.com×鹿島アントラーズ】誰でもDAZN(ダゾーン)が2ヶ月無料に!詳細はコチラ|11月30日まで

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です