ニュース ライブスコア
UEFAチャンピオンズリーグ

PSG戦を控えるハインケス、参考にするのはあの大勝劇「2013年のバルセロナ戦をヒントに…」

12:44 JST 2017/12/05
Neymar PSG Bayern Champions League 27092017
2試合合計7-0で勝利したバルセロナ戦の再現をドイツ人指揮官は期待している。

バイエルン・ミュンヘンのユップ・ハインケス監督は、前回完敗を喫したパリ・サンジェルマン(PSG)戦への意気込みを語った。

9月のチャンピオンズリーグ・グループリーグ第2節で、PSGのホームに乗り込んだバイエルンだったが、0-3で完敗。直後にカルロ・アンチェロッティ前監督が解任に追い込まれる事態にまで陥った。

ハインケス監督は、「数年前からバルセロナの試合をよく観戦していたから、ネイマールが素晴らしい選手だってことを理解している。彼はドリブルが上手く、危険で、クリエイティブで、試合の主役になることを好んでいる」と敵のエースについて言及。

続けて「しかし、我々は組織的に彼らを止めようと思う。2013年に(リオネル)メッシと(アンドレス)イニエスタを相手にした時は簡単ではなかった。でも彼らも人間だ。組織的に守れれば可能性があると思う」と、2012-13シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝で、バイエルンを率いてバルセロナを2試合合計7-0で下した試合を参考にしたいと語った。

すでに決勝トーナメント進出を決めている両チーム。勝ち点差は3だが、得失点差は「18」と、バイエルンが首位突破を決めるにはこれを跳ね返す必要がある。

「もちろん勝ちたいし、良いプレーをしたいが、相手はトップクラスのコーチがいる素晴らしいチームだ。スーパースターたちに依存しなくとも、しっかりと機能するチームだ」と簡単な試合にはならないと話した。

また、多くの選手が前回のリベンジを誓う中、72歳の指揮官は「私は“リベンジ”という言葉を好んでいない。これは伝統的なチームと急成長したチームのハイレベルな戦いになるだろう。特にフランス出身選手にとって特別な意味を持つ試合になるかもしれないが、チャンピオンズリーグの一戦にすぎない」と平静さを保っている。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。