PK献上&肘打ちで一発退場の長谷部誠…独メディアも辛辣評価「神経をすり減らした象徴」

コメント()
(C)Getty Images
ブンデスリーガ第31節で、フランクフルトはヘルタ・ベルリンに0-3と完敗。地元メディアも、チームに厳しい評価を下している。

フランクフルトはブンデスリーガ第31節で、ヘルタ・ベルリンに0-3と完敗。この試合で退場となった長谷部誠に、地元メディア『Frankfurter Neue Presse』が伝えた。

来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指すフランクフルトは、本拠地「コメルツバンク・アレーナ」にヘルタを迎えた。しかし、前半にチャンスを決めきれずにいると、57分に長谷部がPKを献上し失点。さらに77分に追加点を許す。

するとその2分後、長谷部がボールを持って運んでいったところにダヴィー・ゼルケがプレス。ややファウル気味の寄せに長谷部は苛立ち、肘を振ってしまう。これがゼルケの顔面に直撃し、一発退場となった。数的不利に陥ったフランクフルトは、後半アディショナルタイムにも失点し、ホームで完敗となった。

この敗戦を、『Frankfurter Neue Presse』は「フランクフルトはすべてが間違っていた」とし、

「ヘルタは無害だった。しかし、失点後は完全に混乱し、不安定な戦いだった。(ニコ)コバチのチームはコミットしていたにも関わらず、最初の45分でゴールを奪えなかった。象徴的なのが、神経をすり減らしたハセベの行動だ」

そして、来季のCL出場権を目指すよりも、7位という順位をキープするために戦うべきと提言している。

「今や、7位の座が危うくなることに注意しなければならない。フランクフルトが欧州カップ戦出場権を獲れず、半分以下の順位で終えれば、それは腹立たしいことだ」

リーグ戦直近4試合で3敗目を喫したフランクフルト。4位レバークーゼンとの差は「5」となっている。残り3試合は、バイエルン・ミュンヘン、残留争いを繰り広げるハンブルガーSV、そして2位シャルケと難しい対戦が続くことになる。

次の記事:
森保監督が繰り返す「総力戦」…10人入れ替えも「テストではない。総合力をもって勝っていく」
次の記事:
シント=トロイデンがFW木下康介の獲得を発表!クラブも期待「強靭さと速さを持つ」
次の記事:
長友佑都が想起する“2011年の姿”「みんなで優勝を狙える。相手チームも怖いはず」
次の記事:
メッシ&デンベレ躍動!4連覇中王者バルサが3発圧勝、逆転でベスト8進出/国王杯
次の記事:
首位通過に導くスーパーゴール!塩谷司「全部勝ったチームが強い。目指すだけじゃないですか」
閉じる