ニュース ライブスコア
ブンデスリーガ

P・アルカセル、ドルトムントに移籍を要請か…新天地は前線補強目指すアトレティコ?

23:37 JST 2019/12/30
PACO ALCACER BORUSSIA DORTMUND BUNDESLIGA 02112019
今季は負傷の影響で失速

ボルシア・ドルトムントに所属するスペイン代表FWパコ・アルカセルが、アトレティコ・マドリー移籍に迫っているかもしれない。スペイン紙『マルカ』によると、クラブにトランスファーリクエストを届けたという。

P・アルカセルは2018年夏にバルセロナから期限付きでドルトムントに加入すると、ドイツの地での初シーズンで公式戦32試合に出場して19ゴールを記録。完全移籍に移行となった今シーズン序盤は9月中旬まで7ゴールを決めるも、以降は負傷が響いたようで調子を落とし、得点力を発揮できないでいる。最近では家族がスペインへの帰国を望んでおり、本人もリーガ復帰を考えているとも伝えられていた。

『マルカ』曰く、そんなP・アルカセルはレッドブル・ザルツブルクからポジション上直接的なライバルとなるノルウェー代表の若手FWアーリング・ハーランドを獲得したドルトムントに対して、トランスファー・リクエストを提出したとのこと。そして、パリ・サンジェルマンのウルグアイ代表FWエディソン・カバーニの獲得を望んでいたディエゴ・シメオネ監督率いるアトレティコが、その新天地となる可能性が浮上と報じられている。

また『マルカ』が伝えているところ、アトレティコはサラリーキャップの問題により、カバーニよりP・アルカセルの方が「財政的にフィット」する模様。記事ではドルトムントから獲得するための移籍金は3000万ユーロ(約36億円)程度と記されたうえで、アトレティコFWアルバロ・モラタとの親しい関係や、EURO2020のメンバー入りに向けてリーガ上位クラブでアピールを望んでいるといった本人の状況が、この移籍の追い風になり得るとも指摘されている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です