首位通過のオランダが3連勝!ウクライナとの直接対決制したオーストリアが2位通過

最終更新
Getty Images

現地時間21日、EURO(ユーロ)2020はグループC第3節が行われ、アムステルダム・アレナ(オランダ)では北マケドニアとオランダが、アレーナ・ナツィオナラ(ルーマニア)ではウクライナとオーストリアが対戦した。

2連勝のオランダが首位通過、連敗の北マケドニアの最下位が確定した状態で迎えた最終節。直接対決で2位通過が決まる大一番を迎えたウクライナとオーストリア対し、オランダにとっては消化試合となる最終節だが、オランダは試合のリズムを重視してか、メンバーを落とさずに最終節に臨んだ。

最下位での敗退が決まっている北マケドニアにとってもただの消化試合ではなく、代表引退を覆してチームを初のEURO出場に導いた“英雄”パンデフの代表ラストゲーム。10分には、そのパンデフのダイレクトパスに抜け出したトリチコフスキがネットを揺らすが、わずかにオフサイドの判定でノーゴールとなった。

20分にもパンデフのポストプレーからトライコフスキが右足を振り抜くと、強烈なシュートは右のポストを直撃。北マケドニアの決定機が続く中、オランダの反撃は24分、自陣でパンデフに対し厳しいタックルを仕掛けてボールを奪うと、カウンターからエリア内右で受けたメイレンの折り返しをゴール前に走り込んできたデパイがゴール左へと流し込み、オランダが先制ゴールをマークした。

1点をリードして後半を迎えたオランダは、デ・フライとダンフリースを下げてベルハイスとティンバーを投入。すると51分、高い位置でボールを奪い、ベルハイスの鋭い縦パスをエリア内左で受けたデパイがゴール前に折り返す。これをゴール前に走り込んできたワイナルドゥムが合わせ、オランダが追加点を挙げた。

58分にはフレンキー・デ・ヨングのクサビのパスをメイレンがダイレクトでエリア内左に流すと、呼応したデパイが抜け出し、シュートはGKに阻まれるも、こぼれ球をワイナルドゥムが押し込んで3-0とリードを広げる。

敗色濃厚の北マケドニアは69分、パンデフがコスタディノフとの交代でピッチを退き、北マケドニアの選手たちは花道を作って英雄を送り出す。サポーターもスタンディングオベーションでパンデフを讃えた。

オランダはデパイ、メイレン、F・デ・ヨングを休ませ、ヴェグホスト、プロメス、ガクポを投入。ボールを保持しながら試合を終わらせにかかる。意地を見せたい北マケドニアだが、決定機はことごとくオフサイドにかかり、最後までGKステケレンブルフからゴールを奪うことは叶わず。首位通過を決めていたオランダが3連勝を飾った。

一方、直接対決で雌雄を決することとなったウクライナとオーストリアは21分、アラバの左CKをゴール前のバウムガルトナーが合わせ、オーストリアが先制する。33分にそのバウムガルトナーが脳震盪によりシェプフとの交代を余儀なくされるが、その後もオーストリアが守備を固めつつカウンターを狙ってウクライナに主導権を渡さない。

引き分けなら2位になることができるウクライナだが、後半に入ってもオーストリアの前からのプレスに苦戦し、思うように決定機を作り出すことができない。87分にはエリア内右で縦に仕掛けたヤレムチェクが強引にシュートを放つが、これは角度がなくゴール左へと外れ万事休す。

この結果、すでに首位通過を決めていたオランダは勝点を9に伸ばし、2位には勝点6でオーストリアが続く。敗れたウクライナは勝点3のまま3位となり、他グループの3位の結果を待つこととなった。

【グループC 第3節】
■試合結果
北マケドニア 0-3 オランダ

北マケドニア:なし
オランダ:デパイ(24分)、ワイナルドゥム(51分、58分)

■試合結果
ウクライナ 0-1 オーストリア

ウクライナ:なし
オーストリア:バウムガルトナー(21分)

▶EURO2020をWOWOWで無料視聴!お得な加入はこちらから