メッシをブチ切れさせたコロンビア代表DF「常に彼を尊重している」

最終更新
(C)Getty Images

コロンビア代表DFジェリー・ミナが、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの衝突について口を開いた。

アルゼンチンの28年ぶりとなる優勝で幕を閉じたコパ・アメリカ。その準決勝・コロンビア戦では、両チーム合わせて47ものファウルが飛び交うなど荒れた一戦となった。さらにこの一戦では、メッシとミナが衝突。かつてはバルセロナでチームメイトの間柄だったものの、この試合では一触即発のムードが流れていた。

さらにPK戦ではミナがPKを失敗した直後、メッシは「踊れよ」と何度も罵声を浴びせながら飛び上がって喜びを表現していた。これは、準々決勝のコロンビア対ウルグアイでPKを決めたミナが、ダンスを披露していたことに繋がっている。

広告

後味の悪い一戦となったが、ミナはメッシに対して悪意はないと主張している。

「レオに起こったことはサッカーならばいつでも起こることだ。でも彼は素晴らしい人間だし、僕自身は落ち着いているよ」

「バルセロナで彼と会って、僕をサポートしてくれたことには感謝している。常に尊敬しているよ。ただ、あの時はお互いに代表チームの一員として戦っていた。代表チームのために命を捧げて戦っているんだ。だからピッチ上で起こったことはそこに置いておかれるべきであり、何もないよ」