MBA取得のコンパニも仰天…グアルディオラの下でプレーすることは「10年勉強するのと同じ」

コメント()
(C)Getty Images
12月にMBA取得したインテリも、指揮官の情報量には脱帽しているようだ。

ペップ・グアルディオラ監督の下でプレーすることは、大学で勉強しているようなものだ。『トーク・スポーツ』は、マンチェスター・シティの主将、DFヴァンサン・コンパニがそのように語ったことを報じている。

25日にカラバオカップを制覇し、シティの監督就任後18カ月目にして、ようやく初タイトルを獲得したグアルディオラ。昨季は無冠に終わったものの、今季はプレミアリーグでも首位を独走している。

圧倒的な強さを見せるシティのキャプテンは、12月にマンチェスター・ビジネス・スクールで実際にMBAを取得しているが、指揮官について聞かれると「大学に通うのと同じくらい勉強になる」と回答した。

「激しく、容赦ないというのが彼を一番よく表している言葉だと思うよ。満足することなんてないさ。今日(カラバオカップ制覇の翌日)だって僕たちは戻ったら次の試合に備えるんだ。相手がウィガン(アスレティック)だろうが、アーセナルだろうが、僕たちの準備には関係ないよ。彼が僕たちに与えてくれるのは信じられない程の量の知識さ。そして、そのメッセージを伝えるのが、とてもうまいんだ」

「僕たちはいつも、ほかのチームより優位に立っている感覚なんだよ。なぜなら彼は、僕たちにしてほしいことを、とても正確に伝えてくれるからね。彼と一緒に仕事しているとまるで10年くらい勉強しているような感覚だよ。大学に行っているようなものさ。1日たりとも学ばない日なんてないんだよ」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

閉じる