スールシャールが嘆くマンチェスター・Uの“スロースタート”「こんな状況で勝利は期待できない」

最終更新
Getty

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督はチームのスロースタートぶりに苛立ちを認めた。『スカイスポーツ』が伝えている。

マンチェスター・Uは22日、リーグカップ3回戦でウェスト・ハムと対戦。開始9分に先制点を許すと、その1点に沈む形で0-1と敗れた。ユナイテッドにとっては公式戦ここ3試合で2敗目。スールシャール監督は改善すべき点があることを強調した。

広告

「ゴールが欠けていた。そして彼らはゴールを奪った。彼らがゴールを決めた後、我々は長時間にわたって良いプレーをし、力を出し切った。だがスタッツは何の意味も持たない。27本のシュートを放っても点が入らなければね」

「最初の10分間は、ポゼッションの内外でスピードが落ちていた。このような状況で勝利を期待することはできない」

早くもひとつのタイトルの可能性が潰えることとなったが、スールシャール監督は「シーズンは長いし、チームは頑張ったよ。彼らの態度を責めることはできないし、これから大きな試合が待っている」とし、土曜のアストン・ヴィラ戦を見据えた。