「70億円のディフェンダーなら…」シティOBがホームで5失点の古巣守備陣に苦言

コメント()
Manchester City Leicester City 2020-21
Getty Images
【欧州・海外サッカーニュース】レスター・シティ(プレミアリーグ)相手にホームで5失点を喫したマンチェスター・シティに対してOBのマイカー・リチャーズ氏は辛辣な言葉を送った。

元マンチェスター・シティのマイカー・リチャーズ氏は、古巣のレスター・シティ戦のパフォーマンスを受け、DF陣に苦言を呈した。

27日に行われたプレミアリーグ第3節のホームでのレスター戦、マンチェスター・Cはリヤド・マフレズのゴールで先制したが、その後PKの3つを与え、ジェイミー・バーディにハットトリックを許すなど、5失点を喫して今シーズン2試合目にして初黒星を喫した。

ジョゼップ・グアルディオラ監督のコーチングキャリアの中でワーストとなる1試合当たりの失点数に加え、ホームでは2003年の1-5で敗れたアーセナル戦以来となる大量失点を喫したマンチェスター・C。2019年夏のヴァンサン・コンパニ退団以降、後継者を見つけられず、守備陣の問題が顕著となる状況を受け、クラブOBでイングランド代表としてもプレーしたリチャーズ氏はイギリス『スカイスポーツ』で厳しい言葉を口にした。

「彼らが良くなかったと言うだけでは済まない。問題は、5000万ポンドの(バンジャマン)メンディであり、5000万ポンドの(カイル)ウォーカーであり、5000万ポンドの(ジョン)ストーンズであり、6000万ポンドの(ジョアン)カンセロだ。そして今、ルベン・ディアス、新たに5500万ポンドの選手がやって来る」

「5000万ポンドもディフェンダーに支払うんだから、このようなパフォーマンスよりマシな守備が求められている。しかし、私に言わせれば、シティのディフェンダーたちはプロアクティブというよりもリアクティブだ。彼ら全員が自身のポジションでプレーするというよりも、前に行くことばかりを考えている」

さらに、同氏は「シティはポゼッションがベースのチームになっている。みんながロドリと彼のパス成功率についてばかり話している。しかし、フェルナンジーニョが下がってすぐに、プロテクションがなくなった。ロドリはフェルナンジーニョとは異なり危険を読むことができない」とロドリへの不満を続け、古巣の守備陣に辛辣な言葉を並べた。

「シティのディフェンスはめちゃくちゃだ。ホームで5失点なんて恥ずかしい。弱すぎるんだ」

プレミアリーグ|最新ニュース、順位表、試合日程

▶2020-21 プレミアリーグ DAZN完全独占!1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる