ルカク「感謝したい。あなたには大きな借りがある」電撃退任の恩師コンテに惜別のメッセージ

Getty Images

インテル指揮官アントニオ・コンテがクラブ側と相互合意により、今季での退任が決定した。

同指揮官の電撃退団を受け、インテルFWロメル・ルカクが恩師に対して『Instagram』で惜別のメッセージを贈っている。

「2014年に初めて話をして、それ以来僕らは絆を深めてきた。一緒に働く多くのタイミングがあったはずなのに、インテルに来るまでそれが起こらなかったのはとても不思議だね。その理由を知るのは神だけだ」

「あなたは適切なタイミングでインテルに加わり、僕をプレーヤーとして基本的な部分から変えてくれた。精神的にもさらに強くしてくれた。そして重要なことに、一緒にスクデットも手にすることができた」

「勝つことはあなたにとって重要なこと。そして僕を選手として迎えてくれて、本当に嬉しかった。自分はこれからもあなたの教えを守ってプレーするよ。フィジカル面でしっかりと準備をして、メンタル的には勝つために集中するとね。そしてアントニオ。あなたとともにプレーすることは大きな喜びでした。一緒に過ごした全ての時間に感謝したい。僕はあなたに大きな借りがある」

ルカクが語った2014年は、同選手がエヴァートンでプレーしていた頃。コンテはその後、ルカクの古巣であるチェルシーで2016年夏から2季率いている。

2019年夏にコンテはインテルの新監督となるとその直後、ルカクはマンチェスター・ユナイテッドからインテルに5年契約で移籍を果たしている。ルカク本人がSNSで綴ったように、ベルギー代表FWはコンテと一度同じチームで仕事をすることが望みだったようだ。そのうえで、わずか2季でのコンテ退任を惜しんでいる。

セリエA|最新ニュース、順位表、試合日程

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】